■東京マルイ 電動ハンドガン Glock18Cのプチレビュー■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■東京マルイ 電動ハンドガン Glock18Cのプチレビュー■

今回プチレビューを行うのは、東京マルイが満を持して発売した
電動ハンドガン GLOCK18Cです。

この商品は、ハンドガンサイズに納まる様に専用設計、作成された
「マイクロメカボックス」を搭載しているのが最大の特徴で、
電動ガンの特徴はそのまま受け継ぎつつ、フルサイズの電動ガンを
そのままハンドガンサイズに収めたという素敵なハンドガンとなって
います。

良く比較されるのは、やはりガスブローバックハンドガンと
なりますが、比較した際のメリットとデメリットを簡単に
書いてみようと思います。

メリット①
電動ハンドガンと言う事で、ブローバックはしません。
それ故に反動による振動が無い為、高い命中精度を誇っています。
もちろん東京マルイの優れたHOP UPシステムも高い命中精度に
一役買っています。

メリット②
小さくともしっかりと「電動ガン」なので、常に初速が安定して
います。初速が安定して言うと言う事は、動作も安定している
という事で、これは低温時に、動作が不安定になり、初速も安定
しなくなるガスハンドガンには無い、電動ハンドガン最大の利点
といっても過言ではありません。

メリット③
フルオート射撃が行える為通常のガスブローバックハンドガンと
比較すると火力が段違いに違います。別売になりますが、電動
ハンドガンには100連マガジンもオプションパーツとして用意されて
いる為、それを使用した場合はさらに火力を強化する事ができます。

メリット④
作動音が大きいガスブローバックハンドガンと違い、サイレンサーに
よる消音効果が非常に高いです。流石にメカボックスから発生する
音は消す事ができませんが、トータルの発射音を大幅に軽減させる
事が可能です。

メリット⑤
電動ハンドガンはガスブローバックハンドガンと違い、スチール
パーツ等といったリアル系パーツは殆ど存在しません。変わりに
使い勝手を大幅に向上させるパーツが発売されているので、目的に
応じてそれらのパーツを使い分ける事が可能です。

メリット⑥
今、電動ハンドガンにて使用されているバッテリーは主に
「マイクロ500バッテリー」「プロライト」の2種類となっています。
メーカーの公表値によると、前者が最大2500発、後者が最大5000発
となっており、どちらも1回の充電が2円程度となっており、1発撃つ
のに必要な金額は、ガスブローバックハンドガンと比較すると非常に
安くなっています。


次はデメリットを書いてみます。


デメリット①
全くブローバックしない為、ガスブローバックハンドガンと比べると
非常に物足りない(特に撃ち味)ハンドガンとなります。しかし、その
ブローバックがないが故に生まれるメリットも忘れてはいけません。

デメリット②
ガスブローバックハンドガンはリアルなフルサイズマガジンを
使用しますが、電動ハンドガンはグリップ内にマイクロメカボックスを
内蔵する為、マガジンは全くリアルでは無いライターの様なペラペラした
マガジンとなります。見方を変えると、軽量な為沢山持てる、携行が楽、
というメリットにもつながる事になります。

デメリット③
「電動ガン」なのでバッテリーが無いと全く作動しません。
ただ、これはガスが無いと動かないガスブローバックハンドガンと
それほど変わりはありません^^

デメリット④
トリガーを引き通電をさせ、モーター→ギア→ピストンと順に
力を伝えていく電動ガンの為、ガスブローバックハンドガンと
比較するとセミオートのキレが圧倒的に悪いです。
ガスブローバックハンドガンになれた方が初めて電動ハンドガンを
使用する際は慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。



といった感じです。「リアルか?」となるとリアルではありません。
ただそれらに目をつむると非常に優れたアイテムというのが良く
分かると思います。命中精度、火力、サイズ等総合した場合、状況に
よってはフルサイズの電動ガンを喰ってしまう位の性能を秘めています。
普通にサブウェポンとして使う場合もきっと大活躍してくれます。



では、前置きが長くなってしまいましたが、プレビューを行って
いきます^^

電動G18C外観
まずはメーカーのカタログデータです。
★★★★★★★★★★★★★★★
グロック18C/電動ガンデータ
型名/グロック18C
全長/201mm
重量/678g(バッテリー含む)
銃身長/105mm
装弾数/30発
弾丸/6mmBB弾
★★★★★★★★★★★★★★★
ブローバックはしませんが、外観は非常に綺麗に仕上げられており、
とても良い感じです。また持った感じもずしりと重みがあり安っぽい
感じはありません。
スライドストップや左側のテイクダウンレバーは一体成形となっており
作動はしません。


電動G18Cのスライド取り外し1
電動G18Cのスライド取り外し2
スライド後部を押すとスライドが上に持ち上がる様になっています。
バッテリー交換とHOP調整はそれから行う事になります。


電動G18Cのバッテリー収納場所1
電動G18Cのバッテリー収納場所2
電動G18Cのバッテリー取り外しレバー
バッテリーはスライド内部に上手く作られた空間に写真の様に
収まります。コンパクトなバッテリーがコンパクトに収まっているのが
良くわかります。
取り外しは簡単で矢印のレバーを操作すると簡単に取り外せます。


電動G18CのHOP調整方法
HOP調整も簡単に行う事ができます。クリック式ではないので
微調整も可能です。またスライドを外したままでも射撃が可能なので
弾道を見ながらの微調整も簡単です^^

電動G18Cの簡単HOPアップ調整
この状態で射撃が可能です^^


電動G18Cのインナーバレル周辺
インナーバレルは完全に固定式となっており、これも優れた
命中精度に一役買っています。


電動G18Cのスライド組み込み
スライドのはめ込みはレバーの操作は必要なく前を引っかけて
後ろ部分をそのままさげると「パチッ」とロックがかかります。
道具も何も必要ない為、ゲームフィールドでも気軽にHOP調整や
バッテリー交換が可能です。


電動G18Cのレイル部分
今やハンドガンでは当たり前となったレイルフレームです。
光学機器の取り付けに便利なのですが、電動グロックの溝幅が若干
狭めの為取り付けるフラッシュライトによっては、削るなどの調整が
必要な場合があります。(ITIのM3ははいりませんでした><)


電動G18Cのフロント&リアサイト
フロントサイトとリアサイトです。グロックシリーズではおなじみの
デザインです^^サイトは人によって完全に好みが分かれる部分なので
この辺のパーツがもっと充実してくれると非常に嬉しいのですが・・・。

ちなみにブローバック用のサイトは移植できません。注意!!!


電動G18Cのセレクターレバー
セミ/フル切り替えレバーです。上がセミオート、下がフルオートと
なります。ワンタッチでいつでも切り替えが可能です。


電動G18Cのトリガー周り
トリガーセーフティはしっかりと再現されています。
トリガーは重く感じるかもしれませんが、使い込む内に良い感じに
弱って引きやすくなってきます^^


電動G18Cの100連マガジン
オプションの100連マガジンです。見ての通りひょろひょろした
頼りない感じです^^しかし・・・・


電動G18Cの100連マガジンを装着した図
装着してしまうと気になりません。実銃のロングマガジンっぽく
なっています^^100連発というファイアパワーも非常に心強い
限りです。強い力を加えると破損の可能性があるので、取扱いには
くれぐれもご注意下さい。
MW2のセカンダリーウェポンとして登場しているG18Cはこの形です。
(セレクターレバーが見あたりませんが^^)


東京マルイ プロライト
オプションパーツのプロライトです。
1回の充電費用が¥2-で最大5000発撃てる、セミオートレスポンスも
あがるという非常にありがた~~~~いオプションです^^
フラッシュライトの機能も備えている所も良いです。実に良いです。
ライトの性能は65ルーメンもあり、光量だけみればSUREFIRE 6Pの
スタンダートバルブと同じ性能です。併用すると流石に5000発は
撃てませんが、それでも十分な電池容量を持っている為、それ程
気にしなくても良いと思います^^


電動G18C+100連マガジン+プロライト
装着してみました。う~~~ん、ゴテゴテしてます^^
装着方法は非常に簡単で、プロライトに付属している説明書を
みると簡単に行えます。


電動G18C用アタッチマウントレイル
オプションパーツのアタッチマウントレイルです。
これを装着する事により、各種サイレンサー、光学機器を取り付ける事が
可能になります。金属製で強度もばっちりです。

電動G18Cにアタッチマウントレイル装着した図
装着してみました。単体では何となく寂しいです^^
やはり、これを装着したからには各種オプションパーツを
組み込まないと意味が無いでしょう^^


電動G18Cフル装備!!!
という事で色々と組み込んでみました。
組み込んだパーツはというと、
プロサイレンサー ショートタイプ
G18C 100連ロングマガジン
PRO-LIGHT(プロライト) 充電式
DOCTORタイプ レッドドットサイト リアル刻印モデル

となります。
電動G18Cのフル装備です^^
ここまでやるとセカンダリーとしてでなく、完全にメインで運用する事に
なると思います。ダットサイトはDOCTORタイプをチョイスしてみましたが
好みに応じてC-MOREレプリカ等を載せても面白いと思います。
実物C-MOREも良いですよ^^


マイクロバッテリー用放電器アダプター
オプションパーツのマイクロバッテリー用放電器アダプターです。
マイクロバッテリーがニッカドの時には放電器アダプターとして
活躍したアダプターですが、ニッケル水素となったマイクロ500バッテリー
では急速充電器用アダプターとして活躍してくれます。


マイクロバッテリーを急速充電器に接続
AC/DC 急速充電器に接続してみました。
同様にミニデルタピークへの接続も可能です。
価格でのオススメはミニデルタピークなのですが、充電器
単体での性能はやはりAC/DCが圧倒的に上の為、予算に余裕が
あるのであれば、是非オススメしたい充電器です。


CQCホルスターに電動G18Cを差してみる
GLOCK21用のCQCホルスターにバッチリと収まります。
GLOCK17用だとかなりきついか入らないかも知れません。
(実銃とは幅が違う為、起こる現象です。)

通常のナイロンタイプのホルスターの場合、Glock17が入る
サイズであれば問題なく入れる事が可能だと思います。



では実射性能チェックに移ります。
先にも書いたとおり、トリガーは若干クセがあり、トリガーを
引いてからBB弾が発射されるまでラグもあるので慣れが必要です。
ただ、慣れてしまえば全く気にせず撃てる様になりますので、
それ程気にする必要はありません。

まずは、X3200を使用して初速を計測してみました。
電動G18Cの初速1
電動G18Cの初速2
電動G18Cの初速3
今回使用した電動G18Cは、0.2gBB弾を使用しての平均初速が
66m/sという結果となりました。フルサイズと比べるとかなり
低めですが、弾道は非常に素直で、真っ直ぐ綺麗な線を描いて
BB弾が飛んでいき、飛距離もフルサイズに負けない位の飛距離が
あります。


次に連射サイクルを計測してみました。
電動G18Cの連射サイクル
フルチャージしたマイクロ500バッテリーを使用して
大体900~930RPMとなっているので、秒間約15発といった
所でしょうか。これもフルサイズ電動ガンとほぼ同じ数字です。


一番気になる命中精度はというと
電動G18Cの命中精度1
1回目です。100発程練習したのですが、
まだトリガーに遊ばれている感じです><

電動G18Cの命中精度2
2回目です。1回目とあまり変わってません><

電動G18Cの命中精度3
ちょっと、練習を挟んでの3回目です。
良い感じにまとまってくれました^^

電動G18Cの命中精度4
8mからです。全弾、顔の中心に命中ですね^^

電動G18Cの命中精度5
10mから1マガジン撃ちきりました。
ドロップ弾が見受けられますが、それでも人間の顔には
しっかりと収まる位の集弾性です。すさまじいですね^^

命中精度の実験をしてみて思ったのですが、
15m程度では外す方が難しい位、良好な集弾性です。
命中精度は文句なしと言った所でしょう。



以上の結果からもわかる通り、電動ハンドガン G18Cは
操作性、命中精度、オプションパーツ、コストパフォーマンス、火力、
消音と全く文句のつけようが無い位、抜群の性能を誇っています。
この高性能エアガンを武器として採用するには、最終的に妥協できる所を
妥協できるかどうかにかかっているのですが、ここはユーザーによっては
譲れない一線があると思います^^私もそうでした^^ただ、ゲーム用の
ツールとして見た場合の性能は折り紙付きです。周りに持っている方が
いるようであれば、1度借りて使ってみる事を強くオススメします!!!


商品詳細ページはコチラ!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
電動G18Cの商品ページへ!!!

お得なセットも完成しました!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
東京マルイ 電動ハンドガン G18C タクティカルフルセットDX 商品ページへ
東京マルイ 電動ハンドガン G18C タクティカルフルセットDX




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サバイバルゲーム仲間お探しの方!!是非下記サイトをご利用下さい。
サバゲ人(仮)公式サイト


毎日新製品が続々入荷中!!
エアガン、海外パーツの専門店香港マニア


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲

blogram投票ボタン



[ 2010/05/03 23:10 ] プチレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。