■東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる■

今回は分解&組立シリーズ!!!!

P226全体図
使用する素材は東京マルイ製シグP226レイル(BK)です!!!
15+1のファイヤパワー、高い耐久性等等その高性能っぷりから
SEALs、SAS、自衛隊(一部)が使っていたりと、実銃の世界では
非常に信頼を置かれているオートマチックピストルです。

もちろん、東京マルイから出ているP226もファイアパワー、
価格、命中精度、カスタムの容易さ等々非常に信頼性の
高い優れたガスハンドガンになっています。

以前プチレビューも行いましたのでそちらも是非ご参考下さい^^


では、早速分解を行っていきます。

P226の分解手順
まずは基本中の基本マガジンを抜きます。
同時にチャンバー内のBB弾もチェックして残っているようで
あれば取り出します。


P226のホールドオープン
次にテイクダウンレバーとスライドの丸い切り欠き部分を
合わせ、レバーを90度回転させます。
※撮影の都合上ホールドオープンさせています。


スライドの分離
テイクダウンレバーを90度回転させると、スライドを前方に
引き抜く事ができます。下げた状態から手を離すと、リコイル
スプリングのテンションでスライドが勢いよく前進してしまうので
しっかりと手で持ったまま、引き抜くようにして下さい。


リコイルスプリングガイドの分解
リコイルスプリングガイドを取り外します。赤枠で囲んだ部分を
前方に移動させて持ち上げると、後ろに引き抜けます。
手を離すとリコイルスプリングの力で後ろに飛んでいくので
注意して下さい。


アウターバレルの取り外し
アウターバレルを取り外します。先程と同じ様に前に
移動させて持ち上げると簡単に取り外せます。
スプリングのテンションも掛かっていない為安心です^^


インナーバレルユニットの取り外し
インナーバレルユニットを取り外します。
下にテンションをかけながら後ろに引き抜けば
簡単に引き抜けます。


チャンバーの分解
赤枠で囲んだ部分のネジを2本取り外します。
飛んでいくようなパーツはありませんのでご安心を^^
しかし小さいパーツがありますので、紛失にはくれぐれも
ご用心!!!


チャンバー内のパーツ構成
チャンバー内の展開図です。ここまでくるとパーツを取っていく
だけで簡単に完全分解が可能です。ただ単にパーツを取ってくと
組み込めなくなるので、しっかりとどこに何があるかなど、覚え
ながら分解するようにしましょう。


チャンバー展開図
チャンバーの全パーツです。
何度も書いていますが、パーツ点数の少なさには脱帽します。
パーツ点数が少なく構造が単純でトラブルも少なく性能も抜群と
まさに理想の構造です><b!


スライドの分解
次にスライドを分解していきます。
まずは赤枠内にある+ネジを外します。


リアサイトの取り外し
ネジを外すとリアサイトが取り外せます。


ピストンの分解
リアサイトを取り外した後、ピストンを取り外します。
スライドの両端を持ち手で少し広げながら、スライドの
お尻を軽くコンコンと。
そうするとピストンがスライドから外れるので、そのまま
ピストンを取り出します。新品の場合等は非常に外れにくい
場合がありますが、ゴンゴンやらずにスライドを多めに広げて
見て下さい。無理をすると壊れますので注意!!!


ピストン内のパーツ構成
ピストンのパーツ構成です。ここも必要最小限のパーツ構成と
なっており非常にシンプルです。


ピストンの分解
ピストンの分解です。赤枠、青枠のネジを外します。
ノーマルは青枠のパーツはOリングタイプではなく、
カップタイプとなっていますので、カップを外すとネジが
出てきます。

写真ではPDI製のピストンヘッドを使用していますが、色々
使った上で出す現時点での最良パーツは最近のハイキャパ等に
使用されているピストンヘッドですね^^つまり純正^^


シリンダーの分解
今回はシリンダーの分解も行います。
まず最初に赤枠内のネジを外します。


シリンダーの分解2
ネジを外した後、前から細い棒を差し込みます。


シリンダーの分解3
そうするとシリンダーが分解可能です。

シリンダーバルブスプリングはハードタイプが発売されて
いるようですが、基本はノーマルで問題ありません。
ハードタイプはメリット以上にデメリットが大きい気がします><

寒い時に弱くするのは良いと思います^^


フロントサイトの分解
次にフロントサイトを取り外します。
赤枠で囲んだ部分のスプリングがフロントサイトにひっかかり
抜け落ちないようになっているので、片方をラジオペンチ等で摘んで
フロントサイトから外します。次に逆の方も外します。
外す時にしっかりと摘んでおかないと、テンションで飛んでいって
しまう可能性がありますので注意して下さい。

※新しいロットの物はスプリングでは無く、プラスチックパーツと
なっています。こちらはスライドにそって真後ろに引っ張るだけで
簡単に取り外す事が可能です


フロントサイトの分解2
スプリングを外すとフロントサイトが上に引き抜けます。


スライドの展開図
スライドの展開図です。


フレームの分解
スライドの分解が終了したので、次はフレームの分解に移ります。
デザートイーグル等と比べると非常に簡単なので安心です^^


グリップネジの取り外し
左右にあるグリップスクリュー×4を取り外します。
注意事項は特にありません。


グリップの取り外し
スクリューを外したら次はグリップを取り外します。
ただグリップはネジの他にもかしめピンで組まれている為
非常に分解しにくい場合があります。となると力を入れる事に
なるのですが、その際赤枠で囲んだ部分のスプリングを飛ばして
紛失してしまう事がよくありますので、飛んでいかないように
注意して下さい。非常に重要なパーツです^^b
グリップの分解が終わったら、すぐに取り外しておきましょう。


デコッキングレバーの分解
トリガーバーSPを取り外した後、そのまま裏返して、
赤枠内のデコッキングレバーユニットを取り外します。
そのまま上に持ち上げると簡単に取り外せます。

グリップを取り外す際等にバラバラになってしまった場合は
慌てずに写真を見ながら元に戻して下さい^^


ハンマーストラットの分解
次にハンマーSP&ハンマーストラットを分解します。
ハンマーSPハウジング(最右の銀色パーツ)を、上に持ち上げてから
後ろに引き抜くと取り外す事ができます。持ち上げる際はハンマーSPの
テンションがかかる為、手を滑らせて本体を床に落とさないように
注意して下さい。


ハンマーユニットの取り外し
赤枠内のピンを抜いてハンマーユニットを取り外します。
右側は比較的簡単に抜けますが、左側のピンには溝が刻まれており
若干抜きにくいので注意して下さい。


ハンマーユニットの取り外し2
2本のピンを抜き出すと、ハンマーユニットをフレームから
取り出す事ができます。その際写真の銀色のパーツとスプリングが
飛び出す可能性がある為、注意して下さい。


ノッカーロックの分解
ハンマーユニットが取り外せたら、先程飛び出す可能性があると
書いたノッカーロック、ノッカーリターンSPをさくっと分解して
おきましょう^^


ハンマーユニットの分解
反対側の赤枠で囲んだネジを2本外して、ゆっくりと
ユニットを開けて下さい。


ハンマーユニットの内部
ハンマーユニットの内部はこの様になっています。


シアーSPの取り外し
最初にシアーSPを取り外します。
基本的にスプリングはどこかに飛んで行ってしまう危険性を
はらんでいるので注意して取り外して下さい^^


シアーの取り外し
次はシアーを取り外します。
上に引っ張り上げるだけでOKです^^
取り外した後、ハンマーと接触している部分が消耗して
いるかどうかを確認します。しているようであれば新品の
シアー(もしくはハンマー)に交換しておきましょう。


ハンマーの取り外し
ハンマーを取り外します。シアーと同じく上に引っ張り上げるだけで
簡単に取り外せます^^ハンマーと同じ様に消耗具合を確認して、
消耗を確認した場合は、新品に交換します。


ノッカーの取り外し
ノッカーを取り外します。ノッカーSPのテンションがかかっていますが
上に引く抜くのに支障が出る程の堅さではありませんのでご安心を。
ただ、上に引き抜く際にノッカーSPがノッカーについてくると、やはり
どこかに飛んで行ってしまう可能性があるので、スプリングの紛失には
注意しなければいけません!!!


ノッカーSPの取り外し
飛んでいかないように注意しながらノッカースプリングを取り外して
ハンマーユニットの分解完了です^^
P226のユニットはスプリングを紛失しないようにするのが
1番気を遣う所かも知れません^^


テイクダウンレバーの取り外し
テイクダウンレバーを取り外します。まず大きな赤枠内の
プラスネジを外して、次に小さい赤枠内の小さなプラスチック
パーツ(セーフティクリック)を細い六角レンチや棒で後ろに
下げながら、テイクダウンレバーを写真右側へ引っ張り出して下さい。


ボルトの取り外し
テイクダウンレバーを取り外した後は、赤枠内の六角ネジを
取り外します。


フロントシャーシの取り外し
フレームからフロントシャーシを取り外します。
摘んで上に引っ張り上げるだけで取り外す事が可能ですが
取り外せない場合は、細めのマイナスドライバーを写真の
位置に差し込んで軽く持ち上げて下さい。


スプリングの紛失警告><
フロントシャーシを抜き出す際、赤枠内のスプリングが
どこぞへと飛んで行く事があるので飛んでいかない様に
しっかりと保護して上げて下さい^^


フロントシャーシの取り出し
フロントシャーシの取り出しが完了しました。この時点で
パーツの配置等をしっかりと覚えておきましょう。


フロントシャーシの分解
最初にトリガーバーを斜めに傾けると、緑枠部分から外します。
次に赤枠のピンを写真の状態から下に向かって抜くと、トリガー、
スライドストップ等が外れます。ボロボロと外れるような形に
なる為、床に落としてパーツ等を無くさないように注意して下さい。


フロントシャーシの展開図
フロントシャーシのパーツ展開図です。
向きがバラバラに写っているのはすみません><


さらにフロントシャーシを分解する
フロントシャーシをさらに分解してみます。赤枠内のピンを
抜き出します。

※これ以上はパーツの破損等、特別な事情が無い限り分解をする
必要は全くありません^^


スプリングの飛び出し防止
ピンをそのまま抜いてしまうと、セーフティスプリングが
飛び出してしまうので、写真の様に指で押さえる等して飛び
出さないようにしながら、ピンを抜いて下さい。


セーフティクリックの取り出し
セーフティクリックの取り出しの完了で、
フロントシャーシの完全分解が完了です^^


初期ロットにはないパーツ
写真の赤枠内のダミートリガーピンは左右に1個ずつ配置
されています。が、初期ロットのP226には無いパーツです。
いつから追加されたパーツかは分かりませんが、P226ステンレスの
メッキの関係(予想です^^)の都合から別パーツになっていったと
考えているので、おそらくその辺からのP226から追加されている
パーツだと思います。別パーツの方がリアルと言えばリアルなのですが
私のP226は写真側のパーツが1個紛失していましたorz
とりあえず発注してもらおう。


マガジンキャッチの取り外し
最後にマガジンキャッチを取り外します。
赤枠内のマガジンキャッチストッパーを上に引き抜きます。
引き抜く時は若干固い為、ラジオペンチ等で摘むとやり
やすいのですが、プラスチックパーツなのであまり強く
摘むと破損しますので注意して下さい。


マガジンキャッチカバーの取り外し
マガジンキャッチストッパーを取り外すと、マガジンキャッチが
外れるので、外した後に赤枠内のネジを外してマガジンキャッチ
カバーを取り外します。

小さくなめやすいプラスネジなので、しっかりとサイズのあった
プラスドライバーを使用して破損させないように注意して下さい。


フレームの完全分解
マガジンキャッチ周りを取り外して、フレームの完全分解が
完了です^^お疲れ様でした。外したパーツは無くさないように
注意して下さい><


~おまけ~
マガジンキャッチの入れ替え
P226はマガジンキャッチを左利き用に変更させる事が出来るので
さくっとやってみます。まずは最初についていた反対側にマガジン
キャッチカバーを取り付けます。
フレームにネジ穴は切られておらず、ネジをねじ込む形になるので
最初の取付には抵抗があります。ネジの破損&変形に注意です><ノ


マガジンキャッチストッパーについているスプリングを逆にします。

右利き用(変更前)
右利き用のマガジンキャッチストッパー

左利き用(変更後)
左利き用のマガジンキャッチストッパー
テンションは殆ど掛かっていないので、飛んでいく心配は少ない
のですが、万が一無くしてしまうとマガジンキャッチが機能しなく
なるので注意です。


マガジンキャッチの差し込み
マガジンキャッチを差し込んで・・・・・


マガジンキャッチストッパーの組み込み
マガジンキャッチストッパーを組み込んで左利き用マガジンキャッチへの
変更終了です!!!差し込む際はマガジンキャッチストッパーの向きに
注意して下さい。スプリングはマガジン側に向きます。


以上で

東京マルイ SIG P226RAILの分解が完了です。
何か予定していたよりも長くなってしまいました><
読んで頂きありがとうございます^^
お疲れ様でした^^


次は「東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる」へと続きます。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サバイバルゲーム仲間お探しの方!!是非下記サイトをご利用下さい。
サバゲ人(仮)公式サイト


毎日新製品が続々入荷中!!
エアガン、海外パーツの専門店香港マニア


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲

blogram投票ボタン



[ 2010/06/25 23:42 ] ガスガン | TB(0) | CM(2)
こんにちは、トイガンファイターさん^^

基本的に「セミオートのキレが良い=発射サイクルが早い」というのは
間違いありません。

レシーライフルのサイクル等は、SOPMODやCQB-Rと同じなので
ノーマルバッテリーでセミオートのキレを求めるのは中々
つらいかも知れません。

セミオートのキレを上げる方法は・・・・・

■バッテリーの電圧を上げる■
一番手っ取り早く簡単な方法です。
本体に加工は一切不要です^^


■モーターを交換する■
これも手っ取り早い方法です。
ただセミオートとなると、違いがわかりにくい場合もあります。


■リコイル機能をカットする■
次世代の意味が無くなってしまう方法かもしれませんが
効果はあります。


■FETを組み込む■
セミオートレスポンスの向上に加えて、スイッチの消耗を
押さえてくれます。次世代に限らず電動ガンはセミオートを
多用するとスイッチの金具の消耗が非常に早くなるので、
オススメの方法です。
ただ今実験中^^


■コネクタータイプにする■
SOCOMとSOPMODではSOCOMの方がセミオートレスポンスが良いのは
本体とバッテリーの接続方法が違いから来ています。
SOPMODもコネクターにすると効果があります。
ただし、配線を前に持ってきたり、ストックを加工するなどの
手間はかかってしまいます。


■通電効率を向上させる■
http://hongkongmania.blog68.fc2.com/blog-entry-98.html
↑↑こんな加工です。劇的な変化はありませんが、やって
損はありません^^

等々

こんな感じです。あれもこれもやってあまり早くしすぎると
今度はリコイルユニット等が絡んでくるので、注意して下さい^^

他に何かございましたら、お気軽にどうぞ~。


> こんばんは。夏に発売されるレシーライフルを購入しようと考えております。ソップモッドM4と同じバッテリーの構造で発射サイクルが遅いと聞きます。自分はセミオート中心での使用を考えております。やはり、発射サイクルが遅いと、セミオートのキレは悪いんでしょうか?
[ 2010/06/27 11:19 ] [ 編集 ]
こんばんは。夏に発売されるレシーライフルを購入しようと考えております。ソップモッドM4と同じバッテリーの構造で発射サイクルが遅いと聞きます。自分はセミオート中心での使用を考えております。やはり、発射サイクルが遅いと、セミオートのキレは悪いんでしょうか?
[ 2010/06/27 01:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。