■VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー■

今回はVFC MP5A2 GBBをプチレビューします(`・ω・́)ゝ
ガスブロのMP5です。先日ついに発売されました。

VFC MP5A2全体図

外観も実に良い感じに仕上がっているので、実射性能を
含めて色々と書いて行こうと思います。

まずはカタログスペックを( ´∀`)ノ

重さ 約2810g(マガジン含む)
長さ 680mm
パワーソース ガス(HFC-134a等)
使用弾 6mmBB弾
セーフティ マニュアル
バレル長 220mm


となっています。


実銃の話はもう説明の必要はないと思いますが、さくっと説明すると
あちこちの国で採用されまくっている、9mmパラベラム弾を使用する
高性能サブマシンガンです。アメリカのSEALsや日本のSATでも採用されてます。
またその人気から映画での登場回数も非常に多い為、映画でこの銃の
知った方も多いのではないでしょうか。

MP5のwikiです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/H%26K_MP5


では前から順に見ていきます。
※細かい箇所等ロットによって変わる可能性もありますので、
変わってしまった際はご了承下さい。

フロントサイト周り
フロントサイト周りです。
綺麗に仕上がっています。ハイダーはスチール製となっており、
強度抜群です。14mmのネジは切られていない為、専用フラッシュハイダーや
サプレッサーが出てくれるとよいな。


フロントサイトプレート
フロントサイトは一体成形で作られているマルイ電動ガンと違い
スチールプレートがインサートされており、非常にリアルです。
ちなみにフロントサイトとフロントスイベルの材質はスチールではありません。


フロントサイトを後ろから
後ろから見たフロントサイトです。MP5のサイトって感じがしますwwww
サイトの見やすさは好みがあると思いますが、個人的にはM4やAKの様に
フロントサイトの上側は空いている方が好み。
全くの余談ですがCOD BOでもMP5よりAK74派です。


ハンドガード
ハンドガードです。マルイの様にプラスチッキ-なてかりもなく
つや消しの加工が施されて、油汚れもリアルに残ります。
また電動ガンと違いバッテリーお制約も無い為、細身です。
何と言ってもガタツキが非常に少ないのが高ポイント!!!!


ピン1本で取り外し
がっちり付いていますが、取り外しはピン1本!!!
長く使ったり、脱着を繰り返したりすると緩んできそうなのでどこかの
メーカーさんがネジ式の落ちないロックピン作ってくれると嬉しいかも。

でもここで強調したいのはそんな事ではなくて、アウターバレルの強度。
もうガチガチです( ´∀`)ガタツキ、軋み、たわみなど皆無でございます。
もちろんアウターバレルもスチール製!!!!


コッキングレバー開放状態
コッキングレバーです。ギザギザの部分もばっちりスチール製。

コッキングレバーロック状態
コッキングレバーを後ろに下げてみました。電動ガンの様に軽く滑らではなく
重く固いです。
誰もが憧れる(?)この状態からコッキングレバーを叩いて解放する動作は
安心して行えます。

初めて買った電動ガンのMP5SD6。このコッキングレバーの動作が楽しくて
買ってきたその日の内にコッキングレバーを折ってしまったのは良き思い出( ´∀`)
・・・・・前にも書いたかなwww


スチールプレス製メタルボディ
実柔同様、VFCのMP5もボディやコッキングレシーバーはスチールプレス製です。
マガジンの差し込み口ではその様子が良くわかります。もちろん強度もバッチリ!!!
電動ガンの様にパカパカ開くようになったりはしませんよ。


ポートカバー部分
ポートカバーです。これもブローバックならではの箇所ですね。
開けてもチャンバーやメカボックス等はなく空っぽです。
完全に閉鎖状態でも、中のパーツが少し見えてしまってしまっています。
ちょっと残念ポイント。


ポートカバー開放
コッキングハンドルをロックしてポートカバーを開けてみました。
空っぽです。チャンバーが見えます。良い( ´∀`)


ポートカバー内を前から
次は前から見てみました。後退位置でしっかり止まっているボルトが
見えます。金色のパーツは実銃でもあるパーツの再現でしょうか??
実銃を見た事が無いので何ともですが、ボルトパーツはやはり、良い( ´∀`)

実物のボルトパーツ
実物のボルトヘッドです。
実物は9mm弾を加える必要があるので形状こそ違いますが、雰囲気は
良く出ていると思います(゚∀゚)b!!

M4等に見られる、弾を撃ちきるとボルトが後退状態でストップする
ボルトストップ機能に関してですが、VFCのMP5も実銃のMP5もついていません。
実銃ではハンマーが落ちるだけだと思うのですが、VFCの場合は空撃ちとなるので
弾が出ていないのに、撃ち続けるといった事は無いようにお気をつけ下さい(`・ω・´)



ロアフレーム
ロアフレームです。質感、グリップの細さ、固すぎず柔らかすぎでもない程良い
クリック感のあるセレクターレバーと、ハンドガード同様、実に良く仕上がっています。

しかし、ここで違和感がありまして、MP5A2といえば・・・・

MP5A2??
この旧型ロアフレームのイメージがあったのですが、今回使用されているのは
MP5Nタイプです。オプションパーツとしてこのNタイプのフレームがあったので
てっきり最初は旧型のロアフレームを搭載してくるのだと思っていたのですが
VFCのホームページを見てもこの形で間違いなさそうなので、もしかすると計画の
変更があったのかもしれません。

旧型フレームを望んでいた人は残念ですが・・・・。


マルイとの比較
グリップをマルイと比較してみました。
VFCはリアルサイズだけあって細いです。東京マルイはVFCに比べ2周り程大きい感じです。
M4と同じく電動ガンに慣れていると余計にその細さに驚くと思います。


アッパーフレーム上面
アッパーフレーム上面には刻印が入っています。
ただ残念ながら、実銃を直接見た事が無い為、後ろの刻印がリアルか
どうかが分かりませんorz


打刻刻印
見えにくいのですが、前の部分は「HK MP5」と打刻されています。
パテント問題は無事にクリアできたみたいで良かったです。


ロアフレームの刻印
ロアフレームには「Licensed Trademark of Heckler & Koch GmbH」と
レーザーで刻印が入っています。


MP5リアサイト
MP5のリアサイトです。もちろんスチール製。強度抜群で作りもしっかりしています。
フロントと同じくこれぞMP5!!というリアサイトです。
マルイ製は1-2-3-4-3-2-1-と、最大から最小になりませんが、VFCは
1-2-3-4-1-2-3-4-と最大から最小になります。後、クリック感もすごく
しっかりしています( ´∀`)b!!!!


固定ストック
固定ストックです。かなりタイトなので、簡単にぐらつくと言った事は
なさそうです。ハンドガードやロアフレームと比べると、若干てかりが
ある感じです。
M16A2等の長いストックと違い、絶妙の長さで実に構えやすいです。
また「ストックはがっちりしていないとね」とお考えの方は迷わずこのストックです。


バットパット
バットパットです。ラバーではなくストック本体と同じ素材の為、彫られている
溝以外での滑り止め効果はありません。


予備マガジン
スペアマガジンです。
マガジンもスチールプレス製で良い具合に仕上がっています。
ずっしりとした重量もあります。BB弾やガスが無い状態で約450g
ありました。


ガス注入バルブ
ガス注入バルブはマガジン底部にあります。

VFC M4の時もそうでしたが、今回のMP5もほぼ無音でガスが入っていく為
しっかり入っているのかわかりにくいです。これも今回のちょっと残念ポイント。
日本メーカーのバルブで流用できる物があれば、交換したい所です。
ちなみにガスは30g以上入ります( ゚Д゚)!!!

マガジンを前面から
マガジン上部です。スチールプレスで成型されたマガジンケースの
カーブが何とも良い味を( ´∀`)

パッキンはしっかりと作られており、今までチェックしたマガジンはガス漏れは
皆無でした。リップは中のパーツと一体型の為、万が一破損した場合はパーツごとの
交換となります。破損には注意ですね。


マガジン後部から
マガジン上部を後ろから見てみました。
余計なパーツも無く、上手くまとめられています。

ガス放出バルブは東京マルイ辺りが流用できそうですが、流用できたとしても
下手に交換すると弾速が変わる可能性がある為、バルブはノーマルのまま
使用した方が良いかもしれません。


BBローダーとアタッチメント
VFC MP5にはBBローダーと専用アタッチメントが付属しています。
BBローダーの使用方法は東京マルイ製と同じなので、特に迷う事は
無いと思います。


BBローダーの使用状況
写真の様な感じで使用します。
ただアタッチメントが無いとBB弾を装填出来ないという訳でもありませんので
万が一忘れたり無くしてしまったりしても、BBローダーさえあれば特に問題は
ありません。

アタッチメントを使用しない場合は、リップを前後に軽くつまんでBBローダーの先が
垂直に入るようにすれば後は簡単に装填可能です。

ちなみに、VFC MP5のスペアマガジンの装弾数は32発です。
メーカーサイトは50発、説明書は30発と良くわからない事に
なっていますが、実際に入れてみると32発でした。
・・・・・・・・仕様変更かかるのかな???


続いてテイクダウン&HOP調整を行ってみます。

ストックのピン外し
まずはストックのピンを外します。
最初はかなり固いので、ストックに傷をつけたりしないように注意して
外して下さい。外す際は写真の反対側にあるバネが付いている方を
叩いて外して下さい。写真の方を叩いても外れませんので、ご注意下さい。


ストックの取り外し
ピンを外すとストックを外す事ができます。
最初はかなりタイトなので、慎重に引き抜いて下さい。
また、コッキングレバーを後ろに下げたロックした状態でストックを引き抜こうと
するとスプリングテンションで、ストックが抜けた時に中のリコイルスプリング等が
飛び出しやすいので、コッキングレバーは開放状態にしてから、ストックを
引き抜く事をオススメします。


リコイルスプリング等のパーツ
ストックを外すと中のリコイルスプリング等が引き抜けます。
この作業はガスブロならでは!!!で、銃を触っているという感じがして
ちょっとテンションが上がります( ´∀`)


ロアフレームのテイクダウン
ロアフレームをテイクダウン(?)させます。
この作業はガスブロならでは・・・・以下略

ちなみに前方のピンを外す必要はありません。


コッキングレバー操作
コッキングレバーを後ろに下げます。

すると内部のボルトがチャンバーから離れ、後ろに少し下がりますので
アッパーフレームの下から指を入れてボルトを抜き出します。


内部のボルト
ボルトは引っかかりなど無く、スムーズに取り外せます。
M4と比べるとかなり小型軽量です。


VFC MP5ボルト前から
ボルトを前から見てみました。

後ろからのボルト
後ろから見てみました。
借り物のMP5なので、これ以上の分解は省略。
自分用に手に入れたら分解してみたい。

ボルトキャリアー
実物のボルトキャリアーです。
VFCは実物によく似ています。この辺りもしっかり作られているのは
非常に高ポイント!!!
自分用に手に入れたらブラストあてて、黒染めしたい( ´∀`)


HOP調整穴の位置
HOP調整は赤枠内の穴に六角レンチを突っ込んで回す方法が
取られています。テイクダウンをしないとHOP調整が出来ないのは
非常に手間です。これ大きなマイナスポイント(´・ω・`)
もう少し上手い方法が無かったのかな。


六角レンチ
通常の六角レンチではもちろん届かないので、専用のながーい六角レンチが
付属しています。BBローダーのアタッチメントは無くても大丈夫ですが、この
六角レンチは無くすとえらい事になります( ゚Д゚)


( ´∀`)ちょっとだけ考えてみた( ´∀`)
実射テストを行う時のHOP調整をしたのですが、毎回テイクダウンを行うのは
やはり想像以上に手間でした。折角タイトに作られているのにテイクダウンを
繰り返すと、サバゲ等で使っていないのにガタが出てくる可能性だって否定できません。

そこで付属レンチを下図の様に加工するとテイクダウンしなくてもマガジン挿入口から
調整ができるのではと思っています。
レンチ加工予定図
そのまま曲げると恐らく折れるので、バーナーで炙ってくにゃっと。
もちろんレンチをクルクル回せないので、0.2gから0.25gへの変更といった
大まかな調整は時間がかかりますが、微調整する時は逆に都合が良さそうな感じ。
調整の度にテイクダウンを繰り返すよりは精神的にもずっと楽。

・・・・・・・・・実際に試してはいないので、絶対に行けるという断言が出来ないのが残念。


Vパッキン
チャンバーパッキンはV型が採用されています。
東京マルイのコルトパイソンに採用されたり、電動ガン用のV型パッキンも
発売されたりしているので、命中精度に期待が持てそうです。


ストックの交換
オプションパーツとしてリトラクタブルストックが発売されています。
交換はハンドガードと同じくピン1本で簡単にできるのですが、
固定ストックの時と違いスプリングの位置が違いますので注意して下さい。


シュアファイアのフラッシュライト
SUREFIRE製のM628ライトハンドガードもバッチリ装着できます。
最初の装着はかなり固く、ハンドガードを広げながら入れないと入りませんが
組んでしまえばガッチリです( ´∀`)
自分のを手に入れたら、M628かRASだなぁ。


フルセット
同時にリトラクタブルストック組んでみました。
う~ん、格好良い( ´∀`)特殊部隊な感じ( ´∀`)
後はマウントベースですが・・・・・・・


VFC純正ロープロファイルマウントベースの入荷が遅れているので
手元にある東京マルイ製MP5用のマウントベースが装着できるか試してみました。

ローマウントベース
まずはマルイ純正のローマウントベース。
普通に装着出来ましたwwwwwww
水平もしっかり出ています。


MP5Jマウント
MP5J用のマウントベースも問題無しwwwww


G&GのMP5マウント
G&Gのロープロファイルマウントは残念ながら装着出来ませんでした(´・ω・`)
マウントを削ればいけるかもしれませんが、それならば大人しく純正のマウントを
使用した方が良いでしょう。


各部の紹介はこれにて終了です。

次に実射テストです。

~計測状況~
・東京マルイ製0.2g(ノンバイオ)
・東京マルイ製ガンパワー(134a)
・X3200弾速器
・適正HOP状態
・マガジンにガス注入後、しばらく室温放置。
(気温は恐らく24~25度位)
・MP5本体は箱だし後、200発程撃ちバレルクリーニング済み。
(借り物なのにスタッフみんなで撃ちまくりwwww)



では早速。
弾速テスト1発目
弾速テスト2発目
弾速テスト3発目
弾速テスト4発目
弾速テスト5発目

結構初速は出ています。もっと暑くなれば+2~4m/s位は
行くと思います。

弾ポロはありません。良かった良かった。

ちなみに、海外製品の為ロットによっては初速は大幅に変わる可能性があります。
こればっかりはこちらとしてはどうしようもできません(´・ω・`)

撃った感じですが、リコイルはWAM4と比べると流石に軽いです。
軽い分スピードはあるので、軽鋭いといった印象を受けました。
恐らく1発あたりのガス消費量も少ないのではないかと。

何より素晴らしいと思ったのが、32発フルロードしたマガジンを
フルオートでばっちり撃ち切れる事( ´∀`)b!!!!
ガスをしっかり入れて、冷えていないマガジンを使用すれば
全く問題無くフルオートで全弾発射OK!!これは良い!!

1回目が予想以上に快調に動いたので、調子乗って連続で撃ってみたら、
流石に1回目に比べると動きが怪しいですが、2回目も弾を撃ちきる事が
できました。まぁ、サバゲでは撃ちきったマガジンに弾を入れ直して撃つ状況は
まず無いですし、32発という装弾数を差し引いてもこれは素晴らしい事だと
思います。
ただ、フルオートで撃ちきると1回目でもかなりマガジンが冷えますし、
2連続ともなるとマガジンが冷えすぎで湿気があると水滴がつくので、
やってはいけません。何と言ってもマガジンの外はスチール製ですから。

問題はガスをしっかり入れられるかと言う事。慣れの問題かもしれませんが
確実に行くのであれば、小さい量りを持って行って重さを量りながらガスを
入れると「入れたつもりが入っていなかった」という自体にならずに済むと思います。
・・・・・・正直かなりの手間ですが(´・ω・`)
冷えに関しては夏場は問題にはならないと思いますが、夏場以外の運用は
セミやバースト撃ちをする等の工夫が必要になってくると思います。


続いて命中精度です。
Vパッキンも採用されているので、中々期待できそうです( ´∀`)
いつも通り、オープンサイト使用のセミオートで10発計測です。

1回目
命中精度実験1
良い感じです。左に寄りましたが、良くまとまってくれています。

2回目
命中精度実験2
左上に寄ってしまいましたorzでもまとまりは上々です。

3回目
命中精度実験3
変わらず左上よりorz加えて強烈なドロップ弾が(´・ω・`)
まぁこれは仕方なし。

4回目
命中精度実験4
左よりは修正できましたが、上よりは変わらず。
しかし、まとまりは変わらず良い感じです。


8mに縮めての5回目
命中精度実験5
空き缶程度なら余裕ですな( ´∀`)b!!!


おまけですが、ノンホップ状態での結果はと言うと
ノンホップ命中精度
何かスゴイ事になってます( ´∀`)
右に1発それているのは私のミスです。

・・・・となると、パッキン等のバレル周りをしっかりとカスタムする事ができれば
ホップをかけた時の結果も、もっと良くする事が出来たりするかもしれません。


というわけで今回のVFC MP5A2の総評ですが

外観は文句無しの出来映えです。実銃を知っている方や詳しい方が
見たら気になる所もあるのかもしれませんが、比較対象が東京マルイの
電動ガンな私には「これは気になるな~」という所はありませんでした^^

作動も想像以上に快調でよかったです。
WAM4は「ドカン!!」、VFC MP5は「スパン」ですwwww
リコイルショックはWAM4と比べると流石に物足りなさは感じますが
動いているボルトの重さが全く違いますし、代わりにフルオートで
全弾発射出来る事を考えれば、私は差し引いてもおつりが来ます。

命中精度に関しては東京マルイ ガスブローバックハンドガンと
同等クラスまで来ていると思います。
また、MP5はサイトの位置がM4等と比べると低めの位置にあるので
使いにくいと感じた場合は、光学機器の併用をお勧めします。
私の場合、MP5のサイトは低くて狙いにくいのでダットサイトを使えば
もっと良い結果を残せたに違いない( ´3`)(言い訳&負け惜しみ)

本体の剛性も抜群に高く、ハンドガード等のガタツキもありません。
セレクターも程よいクリック感があり、空撃ちも楽しめるので部屋で
手軽に楽しむのにももってこいです。


で、気になった(悪いと思った)所ですが、
・HOP調整の手間
いちいちテイクダウンをするのは、銃本体的にも時間的にも非常に
よろしくないです。今更、設計の事をとやかく言っても仕方ありませんが
もう少し何かしらの手をうって欲しかった(´・ω・`)
上で書いたレンチ曲げで調整が出来るようであれば、それ程問題ではありませんが・・・。

・ガス注入が分かりづらい。
シューシューいいながらガスが入っていく国内製のガスガンと比べると
ほぼ無音で入っていくので、きちんと入っているか不安になります。
注入バルブの設計が国内とは違うのかもしれません。

・カスタムの幅が狭い
これはVFCのせいでなく、本家MP5がそうなのでどうしようもありません。
それがMP5!!!とも言えますから( ´∀`)
しかし、色んな物をひょいひょい交換できるM4のカスタムの幅の広さを
考えると何となく物足りない感じがするのは私だけでしょうか。


以上でレビュー終了です。長々と読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

気になる箇所等ありましたら、追記も随時行っていきますので、お気軽に
コメントをお寄せ下さい。



今回レビューを行ったVFC製MP5A2は香港マニアにて好評発売中です!!!

VFC MP5A2 NOW ON SALE!!!
VFC社製 H&K MP5 A2 ガスブローバック GBBR
http://www.airgunshop.jp/products/detail.php?product_id=18132


よろしくお願いします。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サバイバルゲーム仲間お探しの方!!是非下記サイトをご利用下さい。
サバゲ人(仮)公式サイト


毎日新製品が続々入荷中!!
エアガン、海外パーツの専門店香港マニア


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲

blogram投票ボタン



[ 2011/06/09 16:11 ] プチレビュー | TB(0) | CM(6)
こんばんは。

VFC MP5もM4もガスが入っているかわかりにくいだけで、きちんと入りますので
ご安心を( ´∀`)

[ 2011/08/29 20:38 ] [ 編集 ]
注入バルブで、低圧ガスでほぼ無音だったとありますが、低圧ガスでも入ることは入るのでしょうか
また、VFC M4の場合も同じく、低圧ガスでも入ったのでしょうか

いきなりですが、よろしくお願いします
[ 2011/08/29 02:20 ] [ 編集 ]
試したいのですが、そのマウントベースが用意できなくて
試す事が出来ておりません。申し訳ございません。
[ 2011/06/11 11:26 ] [ 編集 ]
マルイ製のローマウントが装着できるのですか!実験ありがとうございます!

質問なのですが、同じくマルイ製のMP5/G3用スコープマウントベースは装着できますでしょうか?
[ 2011/06/10 23:25 ] [ 編集 ]
記事の中で装着しているストックはVFCの純正品でございます( ´∀`)ノ
[ 2011/06/09 23:35 ] [ 編集 ]
装着しているリトラクタブルストックはVFC純製品ですか?
[ 2011/06/09 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。