■D-BOYS製 HK416を分解してみる■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■D-BOYS製 HK416を分解してみる■

■D-BOYS製 HK416カスタム計画■にてやる事は大体決まったので
今回はD-BOYS製のHK416を分解して行ってみようと思います。

D-BOYS HK416

まずはメカボックスを取り外す所まで分解します。

では早速分解開始!!!


+ネジ
まずは赤枠内の+ネジを外します。
中華ガンのネジは舐めやすいので、しっかりとサイズのあった
+ドライバーを使用して下さい。

+ネジ?
赤枠内の+ネジっぽいネジを交換したいです。
規格品であるのかな??
後、D-BOYS HK416の最初のネジ位置は逆の様です。
組む時に逆に組めば良いので問題無し。

※画像はH&K社商品ページ写真


フロントキット
ネジを取り外せば、フロントキットを前方に引き抜く事ができます。
注意点は特にありません。


謎のビニールテープ
プレビューの時からすでに貼られていた謎のビニールテープですが
どうやら絶縁用だったようです。被膜が見事にボロボロになっています。

今回は配線を交換&後ろに回すので無視しますが、このような時は
熱収縮チューブがあると便利です。
電動ガン用としては2.5~3mm径位が使い易いです。
ホームセンターの電子パーツや車のコーナーに置いてあると思います。
詳しくは店員までwww


配線の分解
配線を分解します。ヒューズは板状の物が使用されています。
アンペア数は25A!!!東京マルイの15~20Aなので、かなり
高めのヒューズが使用されています。
多少の不可がかかっても力業でぶん回せます。


ガスチューブの取り外し
ガスブロックの緩みや傾き等をチェックする為、一旦ガスチューブも
取り外しておきます。すぐに外せて組めるので手間ではありません。
緩みと傾きは無かったです( ´∀`)b


フロントフレームロックピン
テイクダウンをする為に、フロントフレームロックピンを外します。
結構固い個体もあるので、固い場合はフレームに傷等を付けないように
注意して下さい。
D-BOYSのHK416は紛失防止のストッパー機能が付いています。
完全に抜けないからといってガンガン叩くとフレームが破損する
可能性がありますので、注意!!!


ストッパー付きのピン
低価格ながらこの機能を再現してくれるのはとてもありがたいですね。
まぁ、今回は外してしまう予定ですが^^


テイクダウン
ピンをずらしたら、アッパーフレームを前方に引き抜きます。
ピンがしっかりずらせてないと引き抜けないので注意です。
配線がひっかかる場合もありますので、無理に引き抜こうとせずに
丁寧に引き抜いて下さい。


インナーバレルアッセンブルの取り外し
チャンバー&インナーバレルを取り出します。
取り出す時にインナーバレルが回転しました。
とても固定が弱いです。


チャンバーの品質
パーツは極力流用しようと考えてますが、チャンバーとパッキンだけは
交換します。インナーバレルは流用行けるかな??
この辺も、また後日。


何のコピー
この辺りをみても、VFC HK416のコピーですね。
パーツは省略されてます。


ロアフレームの分解
続いてロアフレームの分解をして行きます。


ストックの取り外し
ストックを取り外します。基本です。
注意点は特にありません。

余談ですが、PTSのCTRストック確保しました( ´∀`)ヨシヨシ


パイプの分解
バッファを分解して行きます。まずは赤枠内のネジを外します。
ここはマルイと同じです。

・・・・・ネジ穴のセンターが出ていないwww


取り外し完了
取り外し完了です。パーツは無くさないようにしっかり保管を。
余裕があるなら、ネジはしっかりした物に変えたいですね。
こういう時はホームセンターの出番です。
amazonや楽天等でもネジを手に入れる事が可能なので、
近くにホームセンター無かったり、行きつけのホームセンターに
ネジが無かった場合は、利用しても良いかと。


バッファの取り外し
バッファの奥にある+ネジを取り外します。
短い+ドライバーでは届かないので、長めの+ドライバーが必要になります。


バッファの分解完了
バッファの分解が完了しました。
ぱっと見、GBB用のスイベルプレートが使用できそうな形を
しています。これまた後で確認してみます。

・・・・・・・先の記事でバッファ内にリポ入れると書きましたが、この
バッファだとリポ入れるスペースをしっかり確保できないっぽい。
GP895みたいな中のスペースを多く取れるタイプのバッファが必要に
なるかな(´・ω・`)


ボルトキャッチの取り外し
次にボルトキャッチを分解します。


ピンの抜き出し
1.5mmの六角レンチ等を差し込んでピンを抜きます。
Oリングで脱落防止になっているのですが、Oリングが痛んで、
機能していない場合もあるので組み立てた後に抜けないよう
注意が必要です。


ボルトストップの分解完了
ボルトストップの分解が完了しました。
残念ながらOリングの機能は死んでましたorz
組み立てる時に対策を考えます。手っ取り早く行くなら
瞬間接着剤かなと。

このボルトキャッチもVFCのコピーで、本来あるパーツが省略
されておりグラグラしています。組立て時に要対策。


MAGキャッチの分解
次にマガジンキャッチを分解します。
固定方法がリアルになっている為、マルイと違い分解方法が
異なり、GBBと同じ要領で外します。


押し込み
まずはマガジンキャッチボタンを押し込んで写真の様に
浮かせます。


マガジンキャッチの分解中
後は時計と逆回りに回していきます。
押し込みが足らないと、フレームと接触して傷がついたりするので
しっかりと押し込みながらマガジンキャッチを回して下さい。


マガジンキャッチの分解完了
分解完了です。
マガジンキャッチスプリングはひょろひょろしていてテンションは
かなり弱めです。分解組立てはしやすいのですが、マガジンが外れ
やすくなってしまうので、マルイ位のスプリングテンションは欲しい所。


グリップの分解
続いてグリップの分解に移ります。
まずは赤枠内のネジを外します。


グリップ底の取り外し
グリップ底の取り外しが完了しました。
ネジ品質を除けば、気になる点はありません。


グリップ内の配線
中華ガン品質発動!!!
配線がグリップ底に押しつぶされていました。
配線長すぎるのはまぁ良いとしても、気づかなかったのか??
それとも気づいたけど気にしなかったのか??www
しつこいですが、配線は交換しますので、スルーします。


モーター
性能が未知数な中華モーター。
日本で売られているどのタイプに近いかもわかりません。
レビューの時点では非常にイマイチな数値を出していましたが、
電装系のせいだったのか、やはりモーターの性能がイマイチだった
のか・・・。配線等の改善で化ける事ができるか注目です。


グリップの取り外し
グリップを取り外します。
奥に見える赤枠内のネジを2個とも外します。

すでにネジが(´・ω・`)交換確定!!


グリップの分解完了
グリップの分解が完了しました。

一応、グリップはステッピング加工をして流用する予定です。
MAGPUL PTSのMOEグリップがつけれられるか等も確認してみようと
思います。


フレームロックピン
フレームロックピンを外します。
D-BOYSのHK416もしっかりとローレットピンとなっていますので
取り外す時は、ギザギザでは無い方から叩いて取り外します。

ただ、ギザギザがある方は個体によってまちまちなので、
叩いて少し浮いたピンをみてギザギザがなかったら、逆を叩く必要があります。

もし長さ等がいけそうであれば、穴を広げて「スチールトリガーピン」を
使ってみようと思います。


フレームロックピンの取り外し完了
フレームロックピンの取り外しが完了しました。
良くなくなるパーツなので注意です。

後でMOEトリガーガードが装着できるか確認します。


フレームロックピン後部
フレームロックピン(後)を外します。
前と同じく脱落防止の機能が働いているので完全には抜けません。
抜けないからと行ってガンガン叩かないように注意です。仕様です。


フレームロックピン
こんな感じで止まります。
地味に便利な機能です。
やっぱり交換予定ですが^^


分解完了
最後にメカボックスを取り出して分解完了です。
お疲れ様でした( ´∀`)ゝ

基本的に分解方法はマルイとほぼ一緒なので、東京マルイの
スタンダードM4電動ガンを分解出来る方であれば、問題無く分解が
可能だと思います。もちろん、油断は大敵ですが。



次回はメカボックス等を触っていく予定です。
恐らく1番大変な作業になるはずです。がっつりとD-BOYS電動ガンの
メカボックスを触るのは初めてなので、ちょっと楽しみだったり。

やりたい事が細かくなった場合は、やった事を順に小分けにして記事に
していこうと思います。メカボックスに入る前に幾つか記事をアップするかも
しれません( ´∀`)


■D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~■へ続きます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

MAGPULパーツ色々と取り扱い中!!!
MAGPULパーツSALE中

MOLLEって便利ですよね( ̄^ ̄)b!!
MOLLE色々取り扱い中

サバイバルゲーム仲間お探しの方!!是非下記サイトをご利用下さい。
サバゲ人(仮)公式サイト

毎日新製品が続々入荷中!!
エアガン、海外パーツの専門店香港マニア


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲



[ 2011/11/15 18:26 ] D-BOYS HK416 AEG | TB(0) | CM(10)
こんばんは、要さん。

私が分解した時は六角ネジでした。

この辺りはロットで変わりそうな感じもするので、一応ご注意を。
[ 2013/03/20 20:58 ] [ 編集 ]
再び申し訳ありません
グリップの底を外す時のねじはどんな種類でしょうか
[ 2013/03/18 11:31 ] [ 編集 ]
こんばんは、TUMPさん。

HK416にオススメのスイベルリングですが、個人的には
http://www.airgunshop.jp/products/detail.php?product_id=18892
をオススメしたいです。
スチール製、肉厚で剛性バッチリ!!そして安いです。
このタイプはVFCや他のメーカーからも出てます。

後はASAP等も良いかなと思いますが、QDタイプの物もあったりと
沢山出てますので、最終的にはお好みでといった所でしょうか。
分解が面倒であれば、東京マルイのリアスリングアダプターとか^^
良いと思います。

[ 2012/11/20 20:46 ] [ 編集 ]
こんにちわ。
HK416のスイベルリングは何がおすすめでしょうか?
[ 2012/11/19 19:44 ] [ 編集 ]
こんにちは、要さん。

マガジンキャッチを組込む時の回転が1周足りないだけかもしれませんね。
私の時もしっかりと組込めばテンションがきつくなったので^^

マガジンキャッチが広がっている可能性もあると思います。
修正する時は折ってしまわない様に注意して下さい。
私は折ってしまいましたので。

直らない様であれば、マガジンキャッチを交換すればさくっと
直ると思います。
[ 2012/10/01 13:44 ] [ 編集 ]
はじめまして。
時々覗かせてもらってます。
D-BOYSのHK416買ったんですが、入れたマガジンが抜けてしまいます。
引っ掛けるところが弱いんですかね?
[ 2012/09/29 17:04 ] [ 編集 ]
Rさん

ご連絡頂きありがとうござます。

お問い合わせに関しましては、PCやスマートフォン等、ご使用されているツールで
やりやすい方に頂く形で問題ありません。

また何かありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいm(_ _)m
[ 2011/12/05 15:23 ] [ 編集 ]
こんにちは。
いつも参考になるブログ、ありがとうございます。

こちらに書き込みさせて頂いたのは、この記事に関しての事ではないのですが、先日香港マニアさんへレイル取り付けの質問を「お問い合わせ」にて尋ねた者です。質問を「お問い合わせ」にて尋ねるのではなく、最初からこちらでお尋ねすれば良かったと後悔しております。その件について、こちらの質問に対して丁寧に2度もお答え頂きありがとうございました と言いたく書き込みをさせて頂きました。
[ 2011/12/05 12:27 ] [ 編集 ]
こんにちは、JUNさん。

東京マルイとG&Pのダミーボルトで試してみた所、
どちらも装着に問題はありませんでした。

ただ、マルイの物は連動はしますが形状が違う為か
チャージングハンドルを引いてもダミーボルトが開き切りません。
なので手を使ってホップ調整可能な所まで開く必要があります。

G&Pの物はホップ調整可能な部分まで開きました。なので
ダミーボルトを入れるならマルイは避けた方が良いかもしれません。

また、いずれのダミーボルトもマルイノーマルのようにチャージングハンドルを
引いての連動はしますが、チャージングハンドルを離してもダミーボルトは動かないので、
ホップ調整後は手で閉める必要があります。
(この辺りは調整したりや使い込んでいく内に改善される可能性があります)

VFCのダミーボルトは無かった為、試す事ができませんでしたm(_ _)m

[ 2011/11/21 11:32 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させて頂いております!

D-BOYSのHK416ですが、ダミーボルトはマルイもしくはVFCの物が流用可能なのでしょうか?

非常に気になっております。。。。

[ 2011/11/18 10:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。