■G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー■

今回はG&G社から発売されている「GR14 H.B.A.-Long」のプチレビューを
行ってみようと思います。

製品名の表記はGR14となっていますが、これは恐らく大人の事情と言う奴で
見た目はそのまんま、M14の近代改修型のM14EBRです。

実銃の話はこれまた、M14のwikiを見て頂くとして、プレビューの前に少しだけ
実銃の写真をご紹介。

実銃写真-1-
実銃写真-2-
実銃写真-3-

上記写真は全部アメリカ陸軍です。
他にも海軍、海兵隊、PJ、SEALSやら、アメリカ軍は大体使っています。
※仕様や名称が異なったりするので、本気コスプレする場合は、情報収集は
しっかりと( ゚Д゚)ゞ私はその辺の知識は残念ながら持ち合わせておりませぬorz

最近のミリフォトでは制式採用されたM110(MK11)等も見るようになってきましたが
EBRはまだまだ現役で活躍していくと思います。

MW2、MW3、BFBC2、BF3といった有名所のFPSにもしっかりと登場しています。
CAT SHIT ONEでも活躍していましたね。


では、GR14 H.B.A.-Longのレビューを始めていこうと思います。


全体図
まずは全体図です。元となったM14が長いだけあって、GR14(以降、EBR)も
非常に長いです。

ストックを最大まで伸ばした状態で、約1200mmもあります。運用方法で
取り回しの善し悪しを求める銃ではありませんが、取り回しは良くありませんwww
インナーバレル長は約510mmあります。インナーバレル、ホップパッキンは東京マルイと
互換性がある為、各種カスタムパーツの使用が可能です。


M4との比較
M4と長さを比較してみました。
やっぱり長いですねwwww重量もバッテリー等を含まない状態で
約4.5キロあるので、スコープやらバイポッドやらを装着すると
軽く5キロオーバーします( ̄^ ̄)b!!!!
次世代M4ですらすさまじく軽く感じる事が出来ますwww


ハイダー部分
ハイダーです。ここは東京マルイと同じ様にフロントサイトとハイダーが
一体型となっており、M4の様にハイダーだけ外してサプレッサーを付ける
といった事ができません。


ハイダーの分解
ハイダー部分を分解してみようと思います。
まずは赤枠の六角ネジを取り外します。


ギザギザパーツの取り外し
続いて赤枠内のギザギザのついたリングを緩めていきます。
緩めると同時にハイダーを前にずらしていく事が可能なので、緩めてずらしてを
繰り返すと取り外す事ができます。


アウターバレル先端
EBRのアウターバレル先端です。
東京マルイのM14の場合、アウターバレルにはお馴染みの14mm逆ネジ仕様と
なっているのですが、G&GのEBRは何やら違う仕様のネジが切られており、
社外品のサプレッサーは一切装着する事が出来なくなっています。

ロングタイプの場合、その長さもあってサプレッサーを装着する事は
あまり無いと思うのですが、ここはやはり14mm逆ネジを切っておいて欲しい所ですね。
今後の仕様変更に期待です。

フロントとハイダーが別バーツになっていて、フロントサイトにネジ切りされているのが
1番良いのですけどね^^


ガスブロック周辺
ガスブロック周辺です。この辺りは東京マルイと同じような感じに
仕上がっています。ダメージ加工等もよさげな感じですね。


ハンドガード左面
ハンドガードです。各パーツの仕上げはとても綺麗です。
レイルが斜めになっていたり、浅いといった事もありません。
スリングスイベルが標準で付いているので好みにあったスリングを
使う事が可能です。もちろんレイルを利用してその他のスリングスイベルを
使用する事も可能です。

下面のレイルは安定のバイポッドで決まり!!!でしょう。


ハンドガード右面
ハンドガード右側です。
スリングスイベルが無い以外は、左側と違いはありません。
両方同じ様にレイルが配置されているので、各種オプションパーツが
使いやすい位置におけるのはありがたいですね。


ハンドガード
ハンドガードも問題の無い安定した仕上がりです。
G&GのEBRはバッテリーはハンドガード内に収納します。
収納するにはまず、赤枠内の六角ネジをまず外します。
片側3個、両方合わせて6個です。

バッテリー交換としては地味に面倒な作業となるのですが、中途半端に
取り外しを楽にすると、ハンドガードがぐらついたりしてしまうので、それを考えると、
グラツキもなく使っていて外れる事の無い六角ネジでカチッと固定されたハンドガードは
正解だと思います。

メーカー名は忘れましたが、初期に出たEBRキットで取り外しは楽だけど、使っていて
すぐに外れるハンドガードがありました。そういえば当時も六角ネジ用の穴を開けて
固定してましたwww


対応バッテリー
対応バッテリーは東京マルイのラージバッテリーは確認しましたが、
配線の取り回しが非常にやりにくく重量もかさむ為、小型軽量で配線の
取り回しも容易に行える、ニッケルミニバッテリー、リフェバッテリーや
リポバッテリーの使用をオススメします。
本体はラージコネクタとなっていますが、標準でラージ→ミニの変換コネクタが
付属している為、別途変換コネクタを用意する必要はありません。


トップレイル
トップレイルです。各種スコープ、ダットサイト、ブースター、PEQ-15等々
お好きな光学機器を載っけて下さい。

レイルの中心が少しへこんでいるのは、オープンサイトを見やすくする為だそうです。


リアサイト回り
リアサイト周辺です。この辺りも非常に綺麗に仕上げられています。
各パーツもジャリジャリ言わずスムーズに可動します。

リアサイト前の短いレイルはマウントリング用のレイルです。
スコープを後ろよりにしたい時に使用するのですが、地味に便利です。
難点はマウントリングによっては幅の問題で使用出来なかったりする事です。


リアサイト
リアサイト周辺です。フロントと同じく綺麗に仕上げられています。
光学機器が破損したら使用する事になります。個人的にM14の狙いやすさは
中々の物だと思っているので、オープンサイトでも普通に戦えます。

なので、ボタスキーの様にスコープがぶった切られる事があっても安心ですwww


刻印
リアサイト後ろにある刻印です。
リアル派には一部残念な箇所がありますが、雰囲気は出ているのでは
ないでしょうか^^


セレクターレバー
セレクターレバーです。G&GのEBRはマルイのM14と違い、押し込んで
回さないとセレクターレバーが回転しない仕様になっています。
実銃に近いのはG&Gの方かな??


トリガーガード
トリガーガードです。
トリガーの前に見える穴の開いたパーツはセーフティレバーです。
写真はセーフティOFFの状態です。


セーフティ
レバーをトリガー側に倒すとセーフティがONになります。
人差し指を前にやるだけで解除が可能なので、解除の度に
持ち替えたりする必要はありません。
マルイに慣れている場合は固く感じるかもしれませんが、セーフティは
固い位が丁度良いと思います。


ボディの刻印
フレームに入っている刻印です。
ここはしっかりと刻印が入っています。

「SAGE international」で検索してみるときちんと、EBRのHPにヒットします。
ロットによってここも大人の事情が入ってくるかもしれませんね。


マガジン
マガジンです。
G&GのEBRは標準で470連マガジンが付いています。
ジャラジャラ音が気になる場合は、ノーマルマガジンも発売されていますので
そちらをオススメします。

G&G社製 GR14専用80連マガジン(G-08-042)商品ページへ

多弾数マガジンとノーマルマガジンの長所短所はコチラ


ボルト回り
ボルト回りです。グレー調のマットな仕上りとなっており良い感じです。
チャージングハンドルと連動して動くのでマガジン交換した後に引くと
気分的に盛り上がれます。作動的には全く意味のない行為ですがwww


ボルトロック
GEGのEBRはマルイと違いボルトロック機構が備わっています。
写真赤枠のレバーを下に下げながら、チャージングハンドルを引くと・・・・


HOP調整
写真の様にボルトロックがかかります。G&GのEBRはダミーボルトの
中にHOP調整ダイアルが隠されているので、HOP調整を行う時に便利です。


ボルトロックの解除
ボルトロックの解除方法は、写真赤枠のレバーを上に押し上げるだけです。
ダミーボルトが勢いよく前進するので、指を挟んだりしないように注意して下さい。

念の為言っておくと、電動ガンなので射撃を行ってもボルトは動きませんし、
マガジンを撃ちきってもボルトロックはかかりません。手動の操作のみとなります。


グリップ
グリップです。
細身で滑り止めも効いているので、握りやすいグリップです。
デザインは可もなく不可もなくですね^^


ストック
ストックです。体格や装備等に合わせて最適な射撃ポジションが
取れるように細かい調整機能がついています。
ストックの調整はストッパーレバーを下に下げながらストックを移動させると
後はストッパーでロックがかかるので簡単に調整が可能です。


最長状態
ストック最長状態です。
長いです。とても長いです。使いやすいポジションにしてどうぞ。


リアスイベル
リアスリングスイベルも標準で搭載されています。
その後ろには短いながらもレイルがあるので、社外品のスリングスイベルを
取り付ける事も可能です。
レイルの後ろにあるレバーが、先に書いたストッパーレバーです。
大きいのでグローブをしていても容易に操作が可能です。


バットプレート
パットプレートです。バットプレートには厚めのゴムが使用されているので、
構えた時の感触は非常に良好です。


チークピース
G&GのEBRには使用する光学機器等に合わせて最適な高さに調節できる
高さ調整機能がついています。

やり方はストックと同じく非常に簡単で、まずは赤枠のレバーを上に
倒します。


高さ調整2
レバーを上げた後は、赤枠内の部分のストッパーに細い棒等を
刺して、ロックを解除します。

ストッパーにはスプリングでテンションがかかっているので、
上にずらす度にロックがかかりますが、その都度、棒等を使用して
ロックを解除していって下さい。
個体によっては、解除した後ストッパーが奥で止まって動かしても
ロックがかからなくなる事がありますが、ストッパーを突っついてあげれば
ロックがかかるようになります。


完成
好みの高さになったら、最初に倒したレバーを元の位置に戻して
調整が完了となります。

写真は1番高い状態で固定してあります。最大でリアサイトと同じ位の
高さまで来るので、大口径のスコープを使用しても頬付けしにくいと言う事で
困る事はないと思います。


以上で各部のプレビュー終了です。

続いては実射性能を見ていきます。

条件はいつも通りです。
使用弾・東京マルイ0.2gBB弾
計測器・X3200
使用バッテリー・東京マルイ 8.4Vニッケル水素1300mA ミニSバッテリー
射撃距離・約15m
箱出し後、チャンバーに注油し約300発試射。
表記が無い限り、オープンサイトを使用。

で行っています。
今回は個体差なのか、NONHOPでもBB弾が水平に飛んだので
ホップ調整はしていません。

まずは初速です。

初速-1-
1発目・92.38
初速-2-
2発目・91.82
初速-3-
3発目・93.74
初速-4-
4発目・92.01
初速-5-
5発目・92.94

平均値は約92.5m/s 約0.84Jとなりました。
最小値・約91m/sと最大値・約94m/sといった感じです。
箱出しとしては初速のばらつきも少なく非常に安定していると思います。


続いては連射サイクルです。

連射サイクル-1-
1回目・12.14発/s
連射サイクル-2-
2回目・12.37発/s
連射サイクル-3-
3回目・12.36発/s

平均値は約12.29発/s
最小値・約11発/sと最大値・約13発/sでした。

東京マルイ次世代SOPMOD M4とM4 SOCOMの中間辺りです。
セミオートをメインで運用するのであれば、かなりのもたつきがあるので
9.6Vクラスのパンチの効いたバッテリーを使用した方が良いと思います。


最後に命中精度です。

今回は比較的結果が良好だった時のを載せています。
言い訳すると、銃が重くてサイティング時にゆらゆら動いてそりゃー
もう酷い結果に・・orz

命中精度-1-
命中精度-2-
命中精度-3-

は、ハンドガンより酷い気が・・・。
仕方ないんです、本当に銃が重かったんです。
手がプルプルして、エイムが円を描いたり、8の字描いたり
してたんです。

射手のせいで命中精度が悪いと思われても行けないので、銃本来の
性能が分かるよう最後にGPS02グリップを使って、座って撃ってみました。

じっくり射撃
1発ガク引きしてしまい、上にそれましたが15mで黒円程度であれば
問題なくまとめる事が出来そうです。3倍以上のスコープとの併用で
さらに命中精度は上げる事が出来ると思います。


★総評★
私がG&GのEBRで感じた感想は
第1感想は「長っ」
第2感想は「重っ」
でしたwww

ただ実際にその通りなので、ゲームの様に素早いエイム!!何て事を
やるのは相当の腕力とスタミナを必要としますwwwまた、1mを越える全長
があり取り回しも良くはないので、通常はバイポッド等を使ってどっしり構えて
制圧射撃、牽制射撃、狙撃や味方への情報提供といった事を行うのに向いた
銃ではないかと思います。

ただ、運用方法は自由なので「俺はEBRでアタッカーするんだ!!!」も全然OKです。
前線に出て連射性能を生かしたスナイパーも面白そうです。
だったらEBRじゃなくても・・・という夢の無い話は無しでお願いします(`・ω・́)
EBRでアタッカーをする場合はショートモデルをオススメします。
重量はそこまで変わりませんが取り回しが非常に楽になります。

EBRの特徴として、その厳つい外観、大きさ、所持者の少なさからくる
存在感も見逃せないポイントかなと。サバゲに行った時、EBRを持った
ゲーマーさんがいたら注目してしまうのは私だけではない!!・・・・はず。

仕上げ、性能はG&G製品だけあってハイレベルに仕上がっており、
安心してサバゲにも使用出来ます。
作動に関わるギア、ピストン、ピストンヘッドや命中精度に関わるバレル、
ホップパッキン等東京マルイと互換性のあるパーツが多いので、調整を
行うと更に性能の底上げが可能です。
もし私が手に入れたら、パッキン、バレルは直ぐに交換すると思います。
まれにHOPがきつい個体も存在するので、尚更ですね^^

各部のパーツも綺麗に仕上げられており、レイルへも安心して光学機器や
パーツを取り付ける事ができます。

価格は中華製EBRと比べると割高ですが、性能&仕上げの良さと、
非常にバランスの取れた電動ガンとなっているので、EBRが気になる方は
是非とも候補の1つに入れてあげて下さい。


G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longは香港マニアにて好評発売中です!!
ショートタイプ、スペアマガジンも取り扱い中です。

お買い求めはコチラからどうぞ。

よろしくお願いします。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MAGPULパーツ色々と取り扱い中!!!
MAGPULパーツSALE中

安い!!けれども出来が良い(`・ω・´)!!
TMC装備好評取り扱い中

サバイバルゲーム仲間お探しの方!!是非下記サイトをご利用下さい。
サバゲ人(仮)公式サイト

毎日新製品が続々入荷中!!
エアガン、海外パーツの専門店香港マニア


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲


blogram投票ボタン


[ 2012/03/09 16:48 ] 電動ガン | TB(0) | CM(2)
はじめまして、レイブンさん。

レビューを見て頂きありがとうございます。

ご質問頂いた件ですが、作動は東京マルイのラージバッテリーでも
全く問題ありません。

収納は「一応可能」レベルと思って下さい。本文でも書いていますが
配線の取り回しが非常にやりにくく、チャージングハンドルやそのリターン
スプリングが、配線やヒューズケースと干渉したりしてやりにくい事
この上なしです。チャージングハンドルが動かない、動きにくくなった
程度であれば問題ありませんが、皮膜が痛んで漏電等起こそう物なら・・・
なので、出来れば、どこにも干渉しないように余裕を持って配線の
取り回しが行える小型のバッテリーを使用した方が良いと思います。

リポ、リフェに抵抗があるようであれば、東京マルイのニッケルミニSでも
良いと思いますよ( ´∀`)b


[ 2012/06/25 11:43 ] [ 編集 ]
始めまして レイブンと申します
とても分かりやすくて完璧なレビューだと思います
これからM14のEBRを買おうと思います(このレビューと同じ製品)
質問があります
バッテリーは、マルイのラージバッテリーで正常に動きますか?また、バッテリーは収納できますか?
誠に勝手で申し訳ありません。お願いします
[ 2012/06/24 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。