■D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる■

今回はD-BOYS製HK416に、MAGPUL PTS製ERGOグリップを組んでみようと
思います。

全体図
以前はMAGPULブランドでは発売されていなかったERGOグリップですが
最近(?)MAGPUL PTSから発売されました。

電動ガン用として登場したのは、かなり前で、初期型は熱で
グリップが変形したり、底板は専用ではなくノーマルを流用する、
セレクターレバーがグリップに接触する等、かなり・・・・となる
グリップでしたが、現在の2008verは、ちょっとやそっとでは熱変形は
起こらず、専用の底板付属(ネジ部分は金属のインサートで強化済)、
セレクターレバーとの干渉部分を少し削りこんで干渉を回避したりと、
問題点は全て解消されすごい素敵仕様になっています^^

交換の理由
で、元々416についているTANGODOWNタイプのグリップですが、
私の場合、握った最初は良いのですが、使っている内に上に
寄って、ハイグリップ状態となり、それのせいで窮屈になって
トリガーが引きにくくなってしまうのです。下目に握れば良いの
ですが、正直そんな事を意識しながら使うより、握った時も
使っている時も握り心地が良好なグリップが良いと思い交換を
決めました。
電動ガンといえどグリップ1つで使い心地がすごく変わってくるので、
グリップを自分の使いやすい物にするのはとても大事です。

グリップの握り心地は人それぞれで、416に付いているグリップも
細身で握りやすい部類には入ると思うのですが、残念ながら私には
合わなかった・・・という事で、太めだけど意外にも手にしっくり来て
入荷した時から気になっていたERGOグリップに交換する事にしました。

PX4の時もそうでしたが、若干太いグリップの方が私に合っているのだと
思います。

グリップの分解
まずはグリップを分解します。まずはグリップ底板の
ネジを2本外します。

D-BOYS HK416の完全分解はこちらからどうぞ。


モーターの取り出し
モーターの底板を外し終わったら、次はモーターに繋がっている
コネクタピンを外します。引っ張るだけで簡単に外れますが
熱収縮チューブ等を痛めないように注意して下さい。

この時に熱収縮チューブが痛んでいたら交換してしまいましょう。


モーターの引き抜き
コネクタピンを抜いたらモーターを引き抜きます。


ピニオンギア
モーターのピニオンギアです。
4万発程撃ち込んでいるので流石のマルイ製といえど少し
摩耗しています。が、まだまだ余裕で行けます。
セッティングの効果が出てくれたかな??

通常はピニオンが傷んだら、モーターも消耗している場合が多いので
モーターごと交換するのが無難です。しかしモーターは元気だから
ピニオンギアだけ交換したい場合は、モーターギアツールを使えば
ピニオンギアを外す事が出来ます。間違ってもラジオペンチ等で力任せに
外してはいけません。モーターが壊れます。専用の道具を使いましょう。
ツールに関してはメーカーによっては呼称が違います。ピニオンギア
リムーバー等々。

電動ガン用のモーターで使用されているピニオンギアは固定方式が
『イモネジ固定タイプ』or『圧入固定タイプ』の2パターンが有り、
国内メーカー製のものもあれば安い中華製も出ています。

個人的にお勧めなのは、まず『圧入固定タイプ』です。理由は簡単
外れないから^^粗悪な海外製の場合等はわかりませんが、品質が
しっかりしたピニオンギアを圧入した場合外れる事はまずありません。
秒間40発のハイサイクルカスタムでも大丈夫。
難点と言えばイモネジ固定と違い、上記専用ツールが必要になる事ですね。

『イモネジ固定タイプ』の場合、外れる可能性があるので私はお勧め
しません。絶対外れる訳ではありませんが、外れたのを何度が見た事が
あります。もし使用モーターのピニオンギアがイモネジ固定タイプだった
場合、一度しっかりと固定されているか確認する事をお勧めします。
ただ脱着は六角レンチがあればOKというのは良い所。
※イモネジを締める際はネジロック必須です。

お勧めのピニオンギアは、ライラクスのハードピニオンギアやBigOutの
BOSピニオンO型。いずれも国内製なのでお値段はぼちぼちしますが、
品質は間違いありません。安物のように使っている時や外す時に砕けたり
変形したりする事もなく安心して使用出来ます。

現在、SHSのピニオンギアがどんな物か気になっているで、機会があれば
組んでみたいです。

ピニオンギアは消耗品なので、モーターが破損した!!このモーターは
もう使わないから破棄!!という状況になったら、ピニオンギアを確認
して無事なようであれば、取り外しておけば良い事があるかもです。


グリップ奥のネジ
奥にある2本のネジを外します。


グリップの取り外し
奥のネジを外せばグリップを引き抜く事が出来るようになります。

引き抜く際に配線やコネクタを傷めないように注意して下さい。


ERGOグリップを差し込む
後はERGOグリップを分解の逆の手順で組込み交換終了~~
と思っていましたが、トラブル発生。


グリップとロアの隙間
グリップが何かにひっかかり、しっかりと奥まで差し込めません。
P-MAG同様やってくれるな~。MAGPUL PTSのトリガーガードも
マガジンもグリップも全部調整してますwww

とりあえず、引っかかっている部分を確認してみます。


グリップ上部
まずここ。微妙ですがグリップの幅とフレームの幅が合っていません。


グリップ上部後ろ部分
後はここ。擦れた後があります。さくっと確認した感じでは以上2点が
引っかかっている箇所なので削って調整を行います。


マーキング
削って調整する目安にする為に、マーキングをします。
今回はカッターでマーキングを行いましたが、傷が嫌な場合は
油性ペンなどでも問題ありません。


例
ちょっと見づらいですがこんな感じです。
これを目安に調整して行きます。


調整前
これが調整前の状態です。


調整後
そしてこれが調整後の状態です。

最初は削りすぎるのが怖くて棒ヤスリを使用して削っていたのですが
シャリシャリしていて刃が滑りとても削りにくかったので、リューターに
切り替えて削ってやりました。


削った箇所1
まずは後ろのカーブしている部分ですが、外の形が変わらないように
気をつけながら、角を落とすと言うよりは中に削り込むような感じで
削りました。


グリップ前面
グリップの前面です。後ろと同様に削り込んだ部分と、段を付けて
削り込んだ部分があります。削った後で気がついたのですが、段を
付けて削った部分はトリガーガード部分と干渉する部分だけ削れば
良かったので、ここまで削る必要はありませんでした。


仮組みチェック
仮組みするとこんな感じです。
う~~~ん、気になると言えば気になりますが、我慢できる
レベルかな???我慢できなくなったら、プラリペアを使って
埋める事にします。


外観チェック
他の部分もチェックします。

ロアとの隙間
がっつりと開いていたロアとの隙間も無事に無くなりました^^
その他も問題はなさそうです。


グリップの固定
問題が無い事を確認出来たら組み立てて行きます。まずは
グリップを奥までしっかりと差し込んでから、ネジを使って
固定をします。グリップを差し込む際に熱収縮チューブを
ひっかけてしまったり、配線を挟んだりして痛めてしまわない
様に注意して下さい。


グリップ内配線
次はグリップ内配線を取り回します。この取り回しを失敗すると
ノイズが酷くなったりするので、しっかりと作業を行います。
どうしても上手く取り回せない場合は、一度グリップを取り外して
配線にクセをつけてやると、上手く行くと思います^^
※詳しくはコチラから。

※白い配線だとわかりにくかったので、写真は過去に紹介した物を
流用しています。


モーターの挿入
配線の取り回しが完了したら、次はモーターを挿入します。
『+』『-』には十分ご注意下さい。『+』が前側、『-』が
後ろ側となります。間違えて組んだ場合もちろん正常作動は
しません。

モーターの+-を逆に組んでしまった場合、トリガーを引くと
「カチカチ」と逆転防止ラッチがギアの回転を止める音がします。
単純に撃てなくなるので、すぐに分かると思いますが、ミスに
気がつかず、その状態でトリガーを引き続けてしまうとモーターや
バッテリーが破損してしまいますので注意です。
そんな時にヒューズが入っていれば1-2秒でヒューズが切れて通電が
ストップしモーター等の破損を防止出来るので、気がつかないかも
しれない・・・と不安な方はヒューズは外さずに装着するようにして
おくと安心です。

モーターの挿入が完了したら、モーターを指で押し込んでみて
指を離すとモーターに付いているスプリングのテンションで元の
位置にモーターが戻るか確認をします。
押し込まれたまま元に位置に戻ってこない場合は、
●配線が上手く取り回せていない。
●太めの配線に交換した場合、配線とモーターが接触している
といった可能性がありますので、しっかりと配線を取り回す
細めの配線を使う、配線が接触しないようにグリップを削ると
いった調整を行って下さい。


コネクタの差し込み
モーターの挿入が終わったらコネクタを接続します。
コネクタを差す時に全く抵抗が無くて、差したけどちょっと
ひっぱると簡単にコネクタが抜けてしまう・・・といった場合
コネクタが拡がってしまっているので、ラジオペンチ等でかる~~く
潰してあげるとOKです。力を入れすぎで完全に潰してしまわないように
ご注意を。


底板の取付け
モーターコネクタの接続が無事に完了したら、モーターの底板を
取り付けます。
ネジを締めすぎない様にご注意を。


ピニオン調整
グリップの組込みが終わったら、最後にピニオン調整を行います。

セミオートで大体の目星をつけて、最後の微調整時はフルオートを
使用するようにすれば、メカへの負担が少なく済みます。


折角調整を行っても、ネジが緩んでしまうと意味が無くなってしまうので
ネジロックや瞬間接着剤等を使って緩まないようにして下さい。
ネジロック等を付けすぎると、完全に固まってしまい、次回の調整時に
回せなくなってしまうので、付けすぎは十分にご注意を。

今回のERGOグリップの場合、瞬間接着剤を少しだけ付けています。


組込み完成
組込みが完了しました。ポン付け出来なかったトラブルはありましたが
良い具合に組み込めたと思います。

HK416にERGOって結構似合うと思うのは私だけでしょうか??


握り心地
予想通り握り心地もとても良好。使っていて上に寄る事もなく
とても快適にグリッピングができます。

で、今回組込んだERGOグリップですが、現段階の感想として、形状は
全く問題無し。ただちょっと滑りやすい感じがするので、表面のシボ加工を
もう少し深くして欲しかったなぁ・・・・と。実戦には投入するとまた違った
感想が出るかも知れないので、最終的な感想はサバゲをしてみてですが、もし
滑りやすいと感じたら、外観と握り心地との折り合いを上手く付けながら、
ステッピング加工をしてみようと思います。

感覚の問題ではありますが、スタッフに握ってもらった所、グロックや
ハイキャパ等太めのグリップを使い慣れている場合はERGOグリップはとても
好感触でした。カスタムグリップをお探しの場合、是非!!候補に入れて
頂きたいお勧めグリップです^^

今回は加工を行いましたが、次世代&スタンダードM4のフレームへは
無加工で装着可能なので、ご安心を。


付属のゴムパーツ
あ、そういえば今回使用しなかった付属しているこのパーツですが
中々のアイディアパーツです。


付ける所
この開いているスペースに・・・・


はめ込んだ後
はめ込んでグリップやメカボックスの中へゴミの侵入を防いで
くれます。通常はグリップ交換時に予めはめ込んでおくパーツですが、
ゴム製で変形もするので、グリップを付けた後でも、少し押し込んで
やると問題無くはめ込む事ができます。
対応グリップはERGOグリップやノーマルグリップとなります。
元々隙間が埋まっているタイプのグリップと併用はできません。
またMOEトリガーガードを使用する場合も使う事ができません。

ご使用のM4がこのパーツを使える状態であれば、付けておくと良い
パーツです^^普通に使っているだけであれば取れてしまう事は
まずありませんので安心です。



●●補足①●●

MOEグリップ
グリップを組込んだ時の段差の様子です。
MOEグリップの場合、元々がスマートで薄めのグリップな為、ロアフレームの
幅が広いD-BOYS HK416と組み合わせだと、段差が目立つ感じです。
ただ、加工は必要なくそのまま交換が可能です。


20120728_34.jpg
今回のERGOグリップの場合です。どちらかと言えば、ごつい部類に入る
ERGOグリップとHK416との組み合わせは比較的良好ではないでしょうか。
セレクターレバーと接触を防ぐ為に削られた部分に段差が見えますが
そこまで気になるレベルでは無いかなと。ただし、要加工orz


●●補足②●●
グリップを交換したら、ギアノイズがうるさくなってしまった場合に
行うと、改善するかも知れない加工を1つご紹介。

加工前
これが加工前で・・・・・

加工後
これが加工後です。

比較
加工した箇所は、グリップのモーターシャフトの穴を拡げる加工です。
いつもは、メカボックスのモーターシャフトが通る穴と同じ位まで
広げますが今回の場合、グリップ固定ネジのワッシャー部分ギリギリ
まで広げました。直径は1mm位違うと思います。

工具はテーパーリーマー(手動)とカッターでOKで、
リーマーで穴を拡げて、カッターでバリ処理して完了です。
とても簡単な加工でギアノイズが良くなるかもしれませんので
ノイズがうるさい場合、試してみる価値有りの加工です。

注意点としては・・・・

●加工無しでメカノイズに問題が無ければ行わなくて良い加工です
●穴を拡げすぎはNGです。
(先に書いた通りメカボックスのモーターシャフトが通る穴を
目安に拡げると良いと思います。)


の2点です。


それでは、皆様良いグリップライフを^^


パーツが揃ったので、ぼちぼちハイサイクルカスタム何かも
出来たら良いなぁ~~~と・・・・・・。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MAGPULパーツSALE中
shotgun道
サバゲ人(仮)公式サイト

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲


blogram投票ボタン



[ 2012/08/03 01:15 ] 電動ガン | TB(0) | CM(6)
むぅ~そうですか。

調整で直るかどうかは正直見てみないとわかりませんorz

が、手で押し込むと少し動くのであればもしかしたら・・・・と
いった所ですね。こちらでも見る事はできますが、送料がかかって
しまいますので、回りに詳しい方や行きつけのショップさん等が
あれば相談されてみてはいかがでしょうか?


頑張って下さい(`・ω・́)ゝ
[ 2012/09/07 17:25 ] [ 編集 ]
隙間は一ミリ位あいてます(普通の文房具の定規なので正確かはわかりません)。空いてる場所は全体的にあいてます。ロアフレームを手で押し込むとほんの少し隙間が狭くなります。調整で治りますか??
電動ガンとか初心者で道具もなく、恐くて迂闊に手を出せません(泣)
[ 2012/09/06 17:17 ] [ 編集 ]
こんにちは、ジルグさん。

VFC HK416購入されましたか!!!
羨ましい限りです。実に羨ましい!!!
こういうお話しを聞くと、抑えている物欲が・・・www


で、隙間に関してですが、どの位の隙間かがちょっと分かりませんが

D-BOYS HK416の隙間を調整した時の記事はこれ↓↓になります。
http://hongkongmania.blog68.fc2.com/blog-entry-214.html
D-BOYSの奴はある程度やって妥協しましたが、VFCの奴はフレームの
精度が出ていると思いますので、調整でピッタリつくのでは??
と思います。

ある程度の隙間は妥協も必要かも知れませんが、あまりにも酷い
隙間が空いている様であれば、1度購入されたお店に相談されても
良いかと思います。

お手軽な方法としてはテイクダウンをしてから、見えている部分を
黒の油性ペンで塗ってしまうという方法があります。簡単な方法ですが
結構気にならなくなりますよ^^



> この前のMOEグリップについてはありがとうございました!いつも楽しく見させてもらっています!
> この前、VFC製のHK416を買いました。凄く良くできていて文句ありません。しかし一つだけ気になる所があって、それはアッパーフレームとロアフレームの隙間があることです。中のメカボックスが見えてしまっています。やっぱり仕方ないこと何でしょうか?それとも悪い個体なのでしょうか?そしてこの隙間は治るのでしょうか?もしよろしければアドバイスお願いします!
[ 2012/09/06 16:02 ] [ 編集 ]
この前のMOEグリップについてはありがとうございました!いつも楽しく見させてもらっています!
この前、VFC製のHK416を買いました。凄く良くできていて文句ありません。しかし一つだけ気になる所があって、それはアッパーフレームとロアフレームの隙間があることです。中のメカボックスが見えてしまっています。やっぱり仕方ないこと何でしょうか?それとも悪い個体なのでしょうか?そしてこの隙間は治るのでしょうか?もしよろしければアドバイスお願いします!
[ 2012/09/04 21:31 ] [ 編集 ]
こんばんは、hk416さん。


無事に(?)問題が解決したようで良かったです。

ものにもよりますが、カスタムには手間かかりますね~^^
面倒だと感じるならお金払ってショップへ頼んで、その手間を
楽しめるなら自分でといった所でしょうか。


更新頻度はおっそいブログですが、今後も色々と書いて行きますので
よろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2012/08/13 17:48 ] [ 編集 ]
先日、HK416のモーター音に関して相談させて頂いた者です。

アドバイス頂いたとおり、マルイ純正メカボに交換してみました。音はかなり静かになりましたが、初速が87→80まで下がったので、急遽DBOYSのメカボの調整とモーターを交換しました。ちなみにメカボを開けたのは初めてです。

途中、フルオートで撃つとポートカバーが開いてしまうトラブルもブログを見ながら改善しながら、結果、初速90で
モーター音も静かになりました。

このブログが無かったら出来なかったと思います。ありがとうございました。自分でやってみて身に染みましたが、カスタムは時間も手間も掛かりますね。今後もブログを楽しみにしています。

[ 2012/08/12 21:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。