■SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』■

最近、回りで夜戦ブームになっていて、遂にSUREFIRE製の
『P2X Fury』を入手!!!・・・・した知り合いのがいたので、
早速借りてきました。

20120809_01.jpg
右が私物のG2Xタクティカルで左が借りてきたP2X Furyです。

G2Xが大きいですが、これは拡散フィルタを装着しているだけなので
実際のサイズはほぼ同じです。外見のサイズは殆ど変わりはありませんが
LED素子の大きさはFURYはG2Xの2倍以上のサイズです^^

今回はこの2本を比較してみるのですが、比較の前にP2X Furyのスペックを
おさらいしてみましょう。


■■P2X Furyスペック■■
★搭載ランプ★
LED
★明るさ★
Low・15ルーメン
High・500ルーメン
★連続点等時間★
Low・約46時間
High・約1.5時間
★全長★
137mm
★重量★
161g(SF123A×2本含む)
★本体素材★
エアロスペース アルミニウム
(MIL-SPEC アナダイズド コーティング済)
★使用バッテリー★
SF123A×2

といった感じです。スイッチタイプはクリックオンとなっていて
ちょい押しの場合は押している間のみ点灯し、クリックオンで
常時点灯となります。

LOW-HIGHの切り替えボタン等はなく、SUREFIRE製品で良くある軽く
押してLOW、強く押してHIGHでもなく、
LOW→消灯→HIGH→消灯→LOW→以下ループという形式になっています。

スイッチ部分はG2Xのスイッチが流用できたので、ループの切り替え
方法はは変わりませんがクリック式からプッシュ式には変更できるので、
6PXorG2Xを持っていて、FURYをサバゲで使用する時は交換をお勧めします。


以前の951-961と同じく家の近くの公園に行って比較してみました。


20120809_03.jpg
まずはG2Xです。

200ルーメンなのですが、そこは流石にSUREFIRE。光が中央に綺麗に
収束して非常に明るいです。真っ暗闇からいきなり照らされて直視
してしまうとしばらくは目が使用不可能になります。


20120809_04.jpg
続いてFURYです。

まずはLOWモードでの照射です。
遠くを照らし出すには流石に光量が足りません。が、LOWモードが
真価を発揮するのは手元や足下を照らす時です。500ルーメンで
手元を照らすと目も眩みますし、まぶしくて照らした物が白くなって
しまいます。こういう時にLOWモードがあればそういった事がなく
照らせるので非常に便利です。


20120809_05.jpg
続いてHIGHモードです。
流石500ルーメン。明るいです。非常に明るいです。
以前、雑誌か何かで「光撃」と書いてあるのを見た事がありますが
FURYはまさに「光撃」と呼ぶにふさわしい光量を持っていると思います。

その光量ゆえに近距離を照らすと、反射した光でこちらの目が眩むので
注意です。近距離で使用する時は反射光に気をつけて下さい。私の感覚
ですが、真っ暗な状態であれば10メートル以上先を照らす位でないと
駄目な気がします。

手元で自分の顔を照らしてしまう自爆だけはしないようにしましょう。


20120809_06.jpg
G2XとFURYの同時点灯です。

光量の差が良くわかります。
G2Xは中央に光を集めて照らす効果を高めていますが、FURYは
回りも明るく、中心部もG2Xをしのぐ明るさと大きさです。

敵へのプレッシャー効果、索敵能力等は完全にFURYの勝利です。


じゃあ、FURYで良いじゃんとなりますが、いざサバゲで使ってみると
意外とそうでもないと感じてしまうのが面白い所^^
実際に比較した写真を撮ったのは今回が初めてですが、FURYを借りて
サバゲをした事はあります。夜アウトドア戦×1とインドア戦×1を
やってみての感想です。すでに上でも書いているので同じ様な事の
繰り返しになりますが、参考にして頂ければなと^^

ちなみに使った時はスイッチをプッシュ式に交換せず使っています。
プッシュ式に変更すると押しやすくなり、使い勝手が大幅に上がるので
お勧めです。

★★夜アウトドア戦の場合・・・★★
使ってみる以前に使いにくいだろうと思っていた、あの独特の
切り替え式のスイッチですが、実際に使ってみるとやっぱり
使いにくいwwwこの方式じゃなかったら評価が劇的に変わった
だろうなぁと。それ位使いにくかったorz
素早く押すとLOW→OFF→LOWという事もありました。こりゃいかん。

LOWで先に照らしてしまうと「あ、いたっ」と位置を教えて終わり
となります。身内ゲームで私がFURYを使っているのがばれており、
次に大光量が来るとばれていたので、隠れられたパターンが多かった
ですorz
索敵時にLOWモードではお話しにならないのは、言わずもがなですね。
こちらからは敵が分からないのに、敵にはこちらの位置がわかるという
最悪のパターンになります。サバゲ(特に夜戦の場合)でそれがどれだけ
不利になるかはこれまた以下同文。

銃へのマウント方法も考えないといけません。G2XやX300と同じ様に
親指の先で押すようなセッティングにして行ったのですが、それだと
HIGHモードにする為に連続でスイッチを押す作業がしにくかったので
もっと押しやすいセッティングで行けば良かったと反省。
この辺りは電池を抜いて実際に押してみてシュミレーションしておくと
良いです。

ちょっと駄目な点を強調してしまいましたが、いざ作動したHIGHモードの
光量の時の頼もしさはそこらのライトでは味わえないですね。
照らせば分隊メンバー全員がオープンサイトで狙える位、明るく照らす事が
出来ますし、索敵はG2Xよりも更に奥を照らせて滅茶苦茶快適にやれます。
その状況にはならなかったですが、光量の弱いライトで照らし合いを
したら間違いなく喰って一方的に照り勝てたと思います^^
もちろん、照らしている時は敵に位置を知らせてしまうので反撃に注意です。
後、ヒットされて戻る時や次のゲーム準備をしている時はLOWモードが大活躍
する時です。クリックオンで付けっぱなしになる所もゲーム以外ではとても
便利な場合多し!!!

使い方に慣れというかコツが必要になると思いますが、アウトドアでは
中々に使える子でした。慣れれば化ける可能性もあるかもです。


★★インドア戦の場合・・・★★
独特の切り替え機構が使いにくいのは変わらずです。

ハンドガンで戦ったので、マウントのせいで押しにくいという事は
無かったのですが、アウトドアと比べインドアは進行スピードが早い
場合が多く切り替えのタイムラグがものすごい気になります。光量が
どうであれ照らした後にいきなり突撃されたりするので相手を柔らかく
照らすだけのLOWがあると余計に不利です。
HIGHモードはそのまま相手に向ければ、相手をひるませたり、命中率を
下げる効果も期待できて、勝率UPに繋がる可能性が高くなりますが
LOWモードてめぇは駄目だ。

インドアフィールドにもよりますが、基本的には近距離戦です。
牽制であれ索敵であれ、照らすとバリケードからの反射で自分「う・・」
っとなって、顔をしかめるというのがありました。それで自分だけ
ヒットされるのであればあればまだ良いのですが、味方の邪魔に
なってしまうのはNGです。その光量故に照らすと他の味方にすごい
迷惑をかけてしまう可能性が大きいので、自分がいるポジションの
確認がすごく大事になると思います。

相手の顔に光を直撃させた場合の効果時間は最強クラスだと思いますが、
正直、それはBB弾当てるより難しい気がします。

アウトドアでは活躍した、ヒットされて戻る時もゲームの準備時にも
LOWモードは活きる事がなく、中盤から途中からX300に切り替えましたwww
使い慣れるとまた違った世界が見えるのかも知れませんが、現段階では
アウトドアで活きた部分がインドアではことごとく活きないという
相性の悪さを感じずにはいられませんでした。
スイッチの交換は思い切り推奨します。


★総評★
サバゲを前提として考えた場合、個人的に軍配を上げるのは
G2Xです。FURYと比べると暗いといっても200ルーメンの光量を
備えていますし、本体が軽量で牽制、索敵、光撃、と何でも
こなせる感じがします。かといって器用貧乏な感じもしないですしね。
その使いやすさはもちろん、値段の安さもとても魅力^^

FURYをサバゲで使うなら、まずスイッチは是非とも変えたい所。
ゲームの時はそのままでしたが、交換すると驚く位操作性アップです。
LOW→OFF→HIGHが素早く行えて、LOW→OFF→LOWになってしまう事も
ありませんでした。それでも独特の切り替え方式が足を引っ張って
いますが・・・・。

G2Xと同じ様にHIGHモードのみ、プッシュスイッチ方式だと私の評価は
全く違った物になったと断言できます。
アウトドアにおいての500ルーメン索敵は最高です。あれはG2Xでは
絶対に真似の出来ない感覚でした。
インドアでは私はその性能を活かしてやる事が出来ませんでした。

FURYは今後のバリエーション展開に期待です。
G2Xも「タクティカル」と「プロ」と2種類出ているので、
FURYのタクティカル仕様が来たら、導入を検討しようかなと
思います。



個人的な総評としては以上となります。当然の事ながら
プレイヤーによって戦闘フィールドや運用方法が全く異なってくる為、
同じアイテムを使っても違う感想となると思います。
値段はちょっと高いですが、個人的にはやっぱり実物がお勧め。
耐久性がありますし、水に濡れても大丈夫ですし、何より実物は
使っている時の安心感が桁違いです。X300、G2Xは安定の使いやすさ。
もちろん、エアガン用のレプリカフラッシュライトも色々とランナップ
されているので、自分にあったフラッシュライトを探してみて下さい!!!
実際に使ってみたいと分からない部分もあると思うので、
もし回りに持っている人がいたら、借りたりすると尚良しです。


何か不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい^^

長々と読んでい頂きありがとうございますm(_ _)m


20120809_07.jpg
G2X-A-BK G2X タクティカル BKの商品ページはコチラから!!!


20120809_08.jpg
P2X Fury 500Lumensの商品ページはコチラから!!!


その他取扱い中の光学機器はコチラから!!!



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MAGPULパーツSALE中
shotgun道
サバゲ人(仮)公式サイト

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲


blogram投票ボタン



[ 2012/08/19 00:14 ] 電動ガン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。