■【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整■

皆さん、こんばんは( ´∀`)ノ

今回は
【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代電動ガンM4シリーズ用
のプチレビューと調整を行ってみようと思います。

まだかな、まだかなと待っていた商品がようやく発売されたので
嬉しい限りです。ただ、手持ちの次世代M4用マガジンの殆どがテストやら
撮影用やらでP-MAGカバーが付いてしまっているので、暫く交換の予定は
なさそうです・・・・・。

で、調整に関してですが、今回の次世代M4用P-MAGは個体差もありますが
ボルトストップがかかりにくいという問題を抱えており、快調にボルト
ストップを作動させるには調整が必要になります。今回はそれの調整も
プチレビューと一緒にやってみようと思います。
問題は2ndロットで改善されると良いですね~。


では、まず外観等を見ていこうと思います。

20121031_01.jpg
うん、MAGPULのP-MAGです。
プラスチッキーな感じも全くなく、程良いシボ加工で光沢もない
あのP-MAGです。刻印も細かくしっかりと再現されています。
外観の心配は不要です^^


20121031_02.jpg
次世代M4に装着してみました。良く似合います。
マガジンの色はお好みでどうぞ!!
DEの場合、使い込むと汚れや傷で黒ずんでくるので
明るすぎかも・・・と思っても、使い込めばあまり気に
ならなくなると思います。


20121031_03.jpg
マガジン上部にはしっかりとダストカバー(?)が付いています。
保管時に装着しておく事によって、内部へのゴミの侵入を
防ぐ事が出来ます。

20121031_04.jpg
P-MAG使用する際は、カバーは取り外します。
見た感じは、ノーマルの82連と殆ど一緒ですね。


20121031_05.jpg
取り外したカバーはマガジン底部にはめておく事が出来ます。
マグプルレンジャープレートを装着する場合は、はめる事が
できませんので注意です。

このダストカバーの注意点は、
・紛失
・破損
です。
そう簡単に割れたりはしませんが、あまり乱暴に扱うとサイドの
アーム部分が折れたりします。紛失は外して置いておいたら、
気付いた時には無くなっていたというパターンかサバゲ中に落として
気付かないパターンですかね。

私の場合は、E-MAGのダストカバーアームを1つ折りましたorz


20121031_06.jpg
何やら全長がちょっと長い気がしたのでサイズ比較。
左からノーマル82連P-MAGカバー付82連、P-MAGと
なっています。

並べてみると全長の差は殆どありませんでした。
長く見えたのは気のせいでした。


20121031_07.jpg
では、次は120連←→30連の切り替え方法です。

ノーマルと同様に切り替え機能があるのはとても嬉しいですね^^

まず、赤枠内のボタン 部分を推しながらマガジンバンパーを
前にスライドさせます。


20121031_08.jpg
すると前方に動くのでそのまま引き抜いてしまいます。
※完全に引き抜かなくても良いのですが、作業のしやすさ
等を考え、今回は引き抜いてしまいます。


20121031_09.jpg
マガジンバンパーを引き抜いた後、赤枠内の六角ネジを
外します。2mmの六角レンチを使用します。


20121031_10.jpg
六角ネジを取り外せば、マガジンインナーを上に引き抜く事が
出来ます。多少固い場合もありますが、マジックキャップの先等で
下から押し出せば問題無く抜けると思います。固い物で押し出すと
マガジンインナーに傷が付く可能性もあるので注意です。


20121031_11.jpg
マガジンインナーの左側面です。

やはり気になるのは、弾丸プレートをはめ込む為のモールド
ですね!!


20121031_12.jpg
マガジンインナーの右側面です。
左側にあった弾丸モールドがありません。
P-MAGの窓付も来るか!!!と思いましたが、これを見る限り
片窓のE-MAGの方が可能性は高いかも知れません。
右側にモールドが無いのは単純に寸法等の問題かも??ですね。

ただ、ガスブロ用P-MAGの様にモールド無しで作ってくれる
可能性もあるので、続報を待ちたい所です。


20121031_13.jpg
で、切り替えはマガジンインナーの右側面下にある
レバーを使って行います。

写真は120連モード


20121031_14_30.jpg
後ろに倒すと30連モードになります。

レバーの操作自体は非常に簡単なのですが、今回のマガジンは
非常に固く無理に操作しようとしたら爪が割れる所でした。
その場合は無理せずに、マジックキャップや割り箸といった
そこそこ固いけど柔らかい道具を使用して切り替え操作を行った
方が良いと思います。

何度がやれば、固いのも程良くこなれてくるかな?^^


以上でプチレビューは終了です。普通に使うだけであればここまでで
OKです。

引き続きボルトストップがしっかりとかかる様に調整を行って
見ようと思います。
今回の調整まな板の上にあがるのは、スタッフのボルトストップが
殆どかからないP-MAGです。本当に何度撃ってもかかりません。
これは苦戦しそうな予感・・・・。


以降調整を行いますが、調整の前に少し書かせて頂くと・・・・・

・ノーマルマガジンでボルトストップがかかるか確認して下さい。
ノーマルマガジンでかからない場合は、本体に問題がある
場合があります。

・空撃ちではかからなくても、BB弾を入れるとボルトストップが
かかる場合があります。それが気になる様であれば調整ですが
それで問題無ければ調整の必要はありません。

・ボルトストップかからなくても気にならない場合は、調整は
不要です。

・分解自体は難易度は高くありませんが、自信が無い場合は
避けた方が無難でございます。

・マガジンには個体差があります。
→→今回、紹介する調整方法以外でも改善される方法があると思います。
→→今回紹介する調整方法では改善されない可能性もあります。


以上です。
それでは、調整を行っていきます。





20121031_15.jpg
まずはアームのテンションチェックです。
赤枠内のBB弾を押し上げるパーツが飛び出した状態で
青枠内のアームにどれ位テンションがかかっているかを
確認します。

正常な場合は指でしっかりと感じられる位のテンションが
かかっています。が、このP-MAGはヘロヘロだったりテンションが
妙に弱々し過ぎたりと非常にイマイチです。
これじゃ、ボルトストップはかかりませぬ。


20121031_16.jpg
外から幾ら眺めても直らないのでとりあず分解します。
まずは120連モードに切り替えておきます。(これ重要)
次は赤枠内にマイナスドライバー等を差し込んで
スプリングストッパーのロックを解除します。
結構堅めなのでちょっと力を入れないといけません。

パーツ自体に結構な粘りがあるので、余程変な力を
加えない限りはそうそう破損する事はない。
・・・・と思います。


20121031_17.jpg
ストッパーが外れたら、中のスプリングをゆっくりと
引き抜いていきます。無理に引き抜くとスプリングが伸びて
駄目になってしまうので、丁寧に引き抜いて下さい。

30連モードになっていると、途中でスプリングが引っかかって
引っ張っても抜けません。ご注意を。


20121031_18.jpg
抜き終わりました。

120発を押し出すだけあって、長いスプリングが入っています。
作業中に潰したりしない様に、きちんとよけておきましょう。


20121031_19.jpg
バネを抜き終わったら、赤枠内のネジを全て取り外します。


20121031_20.jpg
取り外したネジも無くさない様に保管しておきましょう。


20121031_21.jpg
ぶっ飛ぶ可能性のあるパーツが少しありますので、
ネジを外したら、そーっとフレームを開けます。


20121031_22.jpg
ぶっ飛び候補①
マガジンバンパーを止めていたパーツにテンションを
かけている2つのスプリング。
当然の事ながら、分解時だけでなく組立て時も注意!!
ぶっ飛ぶ前に外してしまいましょう。


20121031_23.jpg
ぶっ飛び候補②
BBリップとその相方(スプリング)。
スプリング単体もしくは一緒に飛んでいく可能性があります。
注意です。これも先に外してしまいましょう。


20121031_24.jpg
マガジンインナーを止めておく為の土台となるナットは
しっかりと金属製です。マルイのノーマルマガジンは何故か
プラスチックで耐久性に難がありますが、P-MAGの方は大丈夫です。
安心ですね^^


20121031_25.jpg
最初はパーツのバリが動作不良の原因という予想を立てて
いたのですが、各パーツにバリらしいバリは発見できず。
マルイと比べると成形時のズレが大きいですが、それは問題無いかなと。

(※個体差がある可能性あるので、バリがあれば削ってしまいましょう。)


20121031_26.jpg
次はBB弾が通る溝等のチェックです。バリとか汚れとか
成型不良とか・・・・・。これも見る限り問題無し。

(※個体差がある可能性あるので、バリがあれば削ってしまいましょう。)


20121031_27.jpg
1つ気になった部分発見。
それは赤枠内の角部分。アームパーツを置いて動かしてみると
引っかかる時がありました。
インナーの軸穴とアームパーツの軸の径が違い、そのせいで
ガタツキが起きて引っかかったり引っかからなかったり
していたので、まずはどんな状態でも引っかからない様に
削ってみます。


20121031_28.jpg
角を削り落としました。これでアームパーツが
スムーズに動く様になったので、1回この状態で
チェックしてみようと思います。


20121031_29.jpg
まずはパーツを元の位置に戻します。
そこまで複雑ではないので、間違える事は無いと思いますが
油断せずしっかりとチェックしましょう。


20121031_45.jpg
BB弾を押し上げる団子みたいなパーツ↑↑もこの時にセットして
しまいます。地味ながらも上下があるので注意です。
まるっこく段差が無い方が上になります。
※逆に組むと不具合が起きるので、組んでから分かりますw

パーツの配置に問題が無ければ、マガジンインナーを
貼り合わせてネジ止めを行います。

貼り合わせる時に、ナットがよくズレるのでしっかりと
確認しながら貼り合わせて下さい。ナットがズレた状態で
無理に組もうとすると、ネジ穴が潰れたりインナーが変形
したりしますので、注意です。


20121031_30.jpg
写真のパーツを写真の様に組込んで・・・・


20121031_31.jpg
マガジンインナーの入り口に写真の様にセットして
後は分解時の逆手順で、ゆっくり丁寧に差し込んでいきます。
カーブの所で軽く引っかかったりしますが、慌てず入れていきます。
この時も120連モードにするのをお忘れ無く。


20121031_32.jpg
スプリングを入れ終わったら、スプリングストッパーを
はめれば、マガジンインナーの組込みは完了です。


20121031_33.jpg
組込みが終わったマガジンインナーをマガジンケースに
差し込んで、底の六角ネジで固定します。
チェックを行うだけなので、マガジンバンパーはつけません。


20121031_34.jpg
テストです。全くかからなくなる症状は無くなりましたが
2~3発空撃ち後にかかるという症状が出てしまうので、
再調整です。

この加工だけで症状が直れば以降の加工は不要でございます。


今回の場合、この時点でBB弾入れて撃てば、ボルトストップが
かかりましたがノーマルは空撃ちでもしっかりかかるので、それと
同じ位に持って行こうと思います。


まぁ、そう思って調整を再開したものの・・・・・ここからが
長かったです。結果的に全く必要の無い加工をしたりと、
色々やって結果も出ず、凄く苦労しましたorz


20121031_36.jpg
純正インナーを分解してパーツの形をチェックしたり・・・・
※軸の太さが違う為、移植は出来ませんでした。

20121031_37.jpg
20121031_38.jpg
BB弾押し出すパーツの形が違う!!と思って移植してみても
効果無かったり・・・・

20121031_39.jpg
ボルトストップのパーツを押し出すパーツに左右のガタツキある
よね??って事で、

20121031_40.jpg
こんなスペーサー作って

20121031_42.jpg
設置してみたり・・・・。
※苦労して作った割に効果殆ど無しwww
ちょっとだけ良くなったかな程度www

20121031_46.jpg
20121031_47.jpg
アームの押し上げ量が足らないのでは?!!と思い削ってみるも
症状が悪化したり・・・・
※失敗に気付いた後、プラリペアで調整www

20121031_48.jpg
マガジンのどこかがマガジンや本体のストッパーアームと
接触しているのでは?と思い、削ったり角落としたりしてみるも
全然効果無し。
※しっかり確認してみると、触れていなかったというオチwww
削る時は本当にその削りが必要かしっかり確認を!!!www

といった具合で、要らん事を沢山しました。
最終的な症状は、

空マガジンを刺す

撃つ

ボルトストップがかからない

もう一回撃つ

ボルトストップがかかる

解除する

撃つ

以下ループ

と言った症状。セミだろうがフルだろうが2発目で
ボルトストップがかかるという現象がどうしても直らない
状態でした。

ボルトストップを解除する際、普通に解除すると、セカンド
カットリンク等が定位置に戻らず、1発目の振動で定位置に
戻り、2発目でかかるといった状態です。
解除の際にレバーを少しはじく様にしたり何回かレバーを
押したりして解除すれば、しっかりと定位置に戻り1発目から
ボルトストップがかかったので、普通に解除してもきちんと
ノーマルマガジンの様にボルトストップがかかるように直したい!!!


幾度となく分解組立てを繰り返して最終的に
たどり着いた改善方法が・・・・


20121031_49.jpg
バネのカット。

行き詰まってスタッフの子に相談したりしていたら、
「マガジンアームのテンションがきつすぎてカットオフ
リンクが定位置に戻るのを阻害しているのではないか??」
という事になり、恐る恐るカットしてみると、効果覿面。
ノーマルと同じ様にボルトストップがかかるようになりました。

何というか逆転の発想です。考え的にアーム部分のテンションを
きつくする事ばかりに捕らわれていたので、この発想は無かったです。
やっぱり行き詰まった時は、自分で凝り固まらずに相談してみるのが
1番というのが良くわかりました^^GJ!!

ちなみにスプリングは6巻程カットしました。もう少しカット出来たと
思いますが、使っていてテンションは下がるだろうと思い、カットは
短めにしました。カットの追加は簡単ですしね^^

で、心配になるのがテンションが下がった事による給弾性能の低下。
と言う事で0.28gをフル装填して、セミ、バースト、フルオートを
8.4V、9.6Vで何セットか撃ってみましたが、どれも全く問題無く
最後まで撃ててボルトストップもかかりました。
長期の仕様でどうなるかは様子を見てみないとわかりませんが
恐らく大丈夫!!・・・だと思います。
※ハイサイクルでのテストはしていません。

念の為の確認ですが、バネを切ってしまうと元に戻せませんので
切りすぎに注意です。




色々ありましたが、無事に調整完了です。

と言う事で、最終的に行う加工は
20121031_28.jpg
ここの角落としと

20121031_49.jpg
スプリングのカット(6巻)

の2つ。もう一つの調子悪い次世代M4P-MAGに加工を行った所、
同様に問題が解決されたので、とりあえずはこれでOKかなと
思います。

上でも書きましたが、角落としだけで症状が改善されれば
スプリングカットは不要です。

「俺はこうやって直した!!!」
「この方法はどうよ?」
的な意見などありましたら、是非お寄せ下さい。

よろしくお願いします。


個人的にDEカラーが欲しいけど、この記事を書いている時点では
売切れ中・・・。次は何時入荷かな~。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
特殊部隊も愛用するグローブ
shotgun道
サバゲ人(仮)公式サイト

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲


blogram投票ボタン



[ 2012/11/01 18:17 ] 次世代M4 | TB(0) | CM(8)
こんにちは、脂肪肝さん。

次世代M4でボルトストップがかかりにくくなる原因は
色々あって、いざ修理となると中々大変ですよね^^

私の知る良くあるパターンでいうと、

・タペットプレートの摩耗

・カットオフリンクなどの変形、摩耗

・マガジンアーム部分の変形

が多いです。

タペットプレートは純正パーツが入手しやすいので、
まず最初はタペットプレートの交換をお勧めします。
見た目は摩耗している様に見えなくても、交換すると
直るパターン多いです。

カットオフリンク等のボルトストップ関連パーツの摩耗、変形は
調整よりも3つ全て交換するのが確実です。以前は純正パーツが
入手出来ましたが、今は修理対応での交換のみとなっている様です。
流通在庫を探す、マルイさんに本体を送る、駄目もとでパーツを
マルイさんに頼んでみる等が方法かなと。

マガジンのボルトストップを押し上げるアーム部分が変形していたら
プラリペア等で調整すると直るかもしれません。

とりあえず、こんな感じです。
大変かもしれませんが、頑張って下さい( ̄^ ̄)ゞ
[ 2012/11/08 12:21 ] [ 編集 ]
当方のSOPMPD及びCQB-Rですが、マルイ製のノーマルマガジンでもボルトストップが効かなくなることが多くなってしまいました。

こちらのブログをみていろいろ研究しているのですが、解決しません。
お知恵を拝借出来たらと思いましてコメントさせて頂きました。

何かアドバイスなどございますでしょうか?

[ 2012/11/08 02:39 ] [ 編集 ]
こんばんは、ルッコラさん。

記事を参考にして頂いてありがとうございます。
トラブル解決の手助けになった聞くと、書いた甲斐があったなと思います。

分解される際は、バネが行方不明にならない様にご注意を^^

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2012/11/02 23:36 ] [ 編集 ]
こんばんは、こきさん。

記事を読んで頂きありがとうございます。
やっぱり、あの角がネックとなっている感じですね。

今後ともよろしくお願いします( ´∀`)ノ
[ 2012/11/02 23:29 ] [ 編集 ]
この前SCARのマガジンが弾数切り替えしたっきり戻せなくなってあけたところわからないパーツ(ばねにつける曲がるやつ)の着けるところがマガジン分解の記事を見て判明しました。大変参考になりました。その節はありがとうございました。
このP-MAGはネットでは給弾不良が多いと評判でした。今回このP-MAGの改善方を書いていただいたおかげで安心して買うことができます!!ありがとうございました。
[ 2012/11/02 21:00 ] [ 編集 ]
私も購入させていただきました。
やはり個体差があるみたいですね。

店長さんの記事をもとに、わたしも似たような加工をしてみました。

結果としまして同じ辺りを加工して問題なく作動するようになったことから、ネックになる場所が限られてくるようにおもえます。


今後とも記事を参考に、新着パーツや装備品などの検討をさせていただきます。
[ 2012/11/02 18:55 ] [ 編集 ]
お世話になります、全快娘さん。

角落としのみで問題解決された様でよかったです。
スプリングカットは元に戻せない分、ちょっと怖いですからね^^

ブログも拝見させて頂きました。P-MAGカバーとP-MAGの良い比較記事!!
他の記事も楽しさが伝わる内容で、楽しく読ませて頂いております。

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2012/11/02 16:29 ] [ 編集 ]
お世話になっております。
さっそくP-MAGの改善記事を挙げていただき本当に助かりました。
自分のP-MAGはマガジン内の角落としで完全に動くようになりました。今後また調子が悪くなったらスプリングカットも挑戦してみようと思います。
いつも分かりやすく貴重な記事をアップしていただきありがとうございます。
[ 2012/11/02 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。