■ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

エアガン、エアガンパーツ、次世代M4や海外製電動ガン等のカスタムをご紹介しています!!よく脱線してゲーム(主にXBOX、PS3)等の事も書いたりもしています。ごゆっくりお楽しみ下さい。
★香港マニアニュース★
東京マルイ新製品発表!!
メール、お電話にて仮予約受付中!!!
Mail:info@airgunshop.jp
TEL:06-6309-9090

東京マルイ初となるフルサイズガスブローバック
次世代電動ガンHK417D
S&W社の9mmダブルカアラムポリマーピストル
ドアをぶち抜くようにコンパクトにまとまったショットガン

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、当店ではシーズン開幕SALE実施中で御座います。

様々な商品がお安くなっておりますので、
是非この機会にお買い求め下さいませ。

皆様の御注文を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C■

どうも、皆さんこんばんは。

今回は最近その実力を見直した東京マルイ電動ハンドガンに
使用されるバッテリーの性能比較をしてみようと思います。

デングロの全体図

性能比較を行うバッテリーは

毎度お馴染み&安定の
東京マルイ ニッケル水素 マイクロ500バッテリー (電動ハンドガン対応)



性能アップ&個人的注目度上昇中!!!
●OPTION No.1● High Power LIPO 7.4V560mA 15-20C 『GB-0021』 電動ハンドガン対応

です。


実射性能が良くなるのはわかる。でもどれ位??というのを
今回は実際に撃ってみて確かめてみようと思います。何時も通り
何発撃てるかも確認してみます。


今回の射撃条件です。
使用BB弾・東京マルイ0.2g 3200発入り
使用バッテリー・上記2つ
(※フル充電状態からの計測)
使用弾速器・X3200クロノグラフ
使用マガジン・電動G18C用100連ロングマガジン
適正HOP状態
使用した銃は、前回の記事にてカスタムを行ったG18C電動ハンドガンです。

●BB弾の数は総重量/0.2で計算します。
※小数点以下は切り捨てます。
●サイクル計測後はフルオートで撃ちきりです。
●今回初速は無視で。
●1マガジン=100発で行っていますが、実際は100発入っていない
可能性があります。
●バッテリーの個体差、カスタムの有無、撃ち方、バッテリーの充電方法等で
発射可能弾数は大きく変わります。今回の数値は目安としてお考え下さい。


先に言っておくと、サイクル、セミオートレスポンス等
リポにすると全然違います。リポの最初についているコネクタを
T型コネクタに変更したのも効いていると思います。
これも比較すれば良かったとちょっと後悔してます。
機会があれば、いずれ・・・・。


では、早速計測してみます。縦にちょっとだけ長いです。
ご注意を。


最初は純正のバッテリーを計測します。
まずは、BB弾の計測です。

BB弾の重量
651.3/0.2=3256.5

袋の重さを抜いてもきちんと3200発入っていると思います。

電動ハンドガンの標準バッテリーがニッカドからニッケルに
変更されに伴い、メーカーは2500発以上撃てると謳っていますが
さてさて実際は何発撃てるでしょうか?

では、スタート!!

20121127_01_jb_000.jpg
0発-発射後

20121127_01_jb_100.jpg
100発-発射後

20121127_01_jb_200.jpg
200発-発射後

20121127_01_jb_300.jpg
300発-発射後

20121127_01_jb_400.jpg
400発-発射後

20121127_01_jb_500.jpg
500発-発射後

20121127_01_jb_600.jpg
600発-発射後

20121127_01_jb_700.jpg
700発-発射後

20121127_01_jb_800.jpg
800発-発射後

20121127_01_jb_900.jpg
900発-発射後

20121127_01_jb_1000.jpg
1000発-発射後

20121127_01_jb_1100.jpg
1100発-発射後

20121127_01_jb_1200.jpg
1200発-発射後

20121127_01_jb_1300.jpg
1300発-発射後

20121127_01_jb_1400.jpg
1400発-発射後

20121127_01_jb_1500.jpg
1500発-発射後

20121127_01_jb_1600.jpg
1600発-発射後

20121127_01_jb_1700.jpg
1700発-発射後

20121127_01_jb_1800.jpg
1800発-発射後

20121127_01_jb_1900.jpg
1900発-発射後

20121127_01_jb_2000.jpg
2000発-発射後

20121127_01_jb_2100.jpg
2100発-発射後

20121127_01_jb_2200.jpg
2200発-発射後

20121127_01_jb_2300.jpg
2300発-発射後

20121127_01_jb_2400.jpg
2400発-発射後

20121127_01_jb_2500.jpg
2500発-発射後

20121127_01_jb_2600.jpg
2600発-発射後

20121127_01_jb_2700.jpg
2700発-発射後

20121127_01_jb_2800.jpg
2800発-発射後

20121127_01_jb_2900.jpg
2900発-発射後

20121127_01_jb_3000.jpg
3000発-発射後

20121127_01_jb_3100.jpg
3100発-発射後

20121127_01_jb_3200.jpg
3200発-発射後
9発wwwこれはやり過ぎです。リポでなくともここまで撃っちゃ
バッテリーに良くありません。

残ったBB弾のチェックです。
純正バッテリーで残ったBB弾
40.9gですね。

651.3-40.9=610.4
610.4/0.2=3052

最大サイクルは15.78発/秒で、撃てた弾数は
3052発となりました。2500発は余裕でしたね^^ただ、今回は
結構ギリギリまで無茶させたので、実際に使うとすると14.5発/秒を
切った辺り(2400発位)が交換ポイントかなと思います。

サイクルに関してですが、メーカーでは最大17発となっていたので、
本当であればそれ位でてもおかしくないのですが、出なかったのは
バッテリーの個体差や本体のモーターがへたっている可能性かも
しれません。

しかしたった500mAでこれだけ発射可能と考えると、今更ながら
電動ハンドガンの燃費の良さには驚かされます。
ざっくりと比較してみると~~
次世代SOPMOD M4の場合、8.4V1300mAで大体2500発(100mA辺り192発)
スタンダードM4の場合、8.4V1300mAで大体5000発(100mA辺り384発)
電動ハンドガンG18Cの場合、7.2V500mAで大体3000発(100mA辺り600発)
といった感じです。

エアコキ除けば、1番省エネエアガンですな!!!




続いて期待のリポバッテリー行きます。

まずはBB弾の重量計測から。
BB弾の重量-1
BB弾の重量-2
651.6+652.0=1303.6
1303.6/0.2=6518

6450発位ですかね?ばっちり入っています。
純正ニッケルでBB弾が1袋無くなりかけたので、念の為2袋用意^^

で、計測します。

20121127_01_ripo_000.jpg
0発-発射後

20121127_01_ripo_100.jpg
100発-発射後

20121127_01_ripo_200.jpg
200発-発射後

20121127_01_ripo_300.jpg
300発-発射後

20121127_01_ripo_400.jpg
400発-発射後

20121127_01_ripo_500.jpg
500発-発射後

20121127_01_ripo_600.jpg
600発-発射後

20121127_01_ripo_700.jpg
700発-発射後

20121127_01_ripo_800.jpg
800発-発射後

20121127_01_ripo_900.jpg
900発-発射後

20121127_01_ripo_1000.jpg
1000発-発射後

20121127_01_ripo_1100.jpg
1100発-発射後

20121127_01_ripo_1200.jpg
1200発-発射後

20121127_01_ripo_1300.jpg
1300発-発射後

20121127_01_ripo_1400.jpg
1400発-発射後

20121127_01_ripo_1500.jpg
1500発-発射後

20121127_01_ripo_1600.jpg
1600発-発射後

20121127_01_ripo_1700.jpg
1700発-発射後

20121127_01_ripo_1800.jpg
1800発-発射後

20121127_01_ripo_1900.jpg
1900発-発射後

20121127_01_ripo_2000.jpg
2000発-発射後

20121127_01_ripo_2100.jpg
2100発-発射後

20121127_01_ripo_2200.jpg
2200発-発射後

20121127_01_ripo_2300.jpg
2300発-発射後

20121127_01_ripo_2400.jpg
2400発-発射後

20121127_01_ripo_2500.jpg
2500発-発射後

20121127_01_ripo_2600.jpg
2600発-発射後

20121127_01_ripo_2700.jpg
2700発-発射後

20121127_01_ripo_2800.jpg
2800発-発射後

20121127_01_ripo_2900.jpg
2900発-発射後

20121127_01_ripo_2900_check.jpg
18発/秒を切ったので、1度残量チェックです。
残35%、電圧7.611V
7.2Vより高いですね・・・・1番最初に計測しておけば良かったorz
まぁ、今回はサイクルと撃てる弾数のチェックなので、気にせず行きます。

20121127_01_ripo_3000.jpg
3000発-発射後

20121127_01_ripo_3100.jpg
3100発-発射後

20121127_01_ripo_3200.jpg
3200発-発射後

20121127_01_ripo_3300.jpg
3300発-発射後

20121127_01_ripo_3400.jpg
3400発-発射後

20121127_01_ripo_3500.jpg
3500発-発射後

20121127_01_ripo_3600.jpg
3600発-発射後

20121127_01_ripo_3700.jpg
3700発-発射後

20121127_01_ripo_3700_check.jpg
3700発射した時点でチェックすると、残14%。
もう少し撃てると思いますが、今回はこれでストップします。
しかし、14%の時点でも7.4Vあります。電圧の維持が非常に優秀。
・・・・たまたまかな??


20121127_01_ripo_end.jpg
残弾の重量をチェックしてみます。
1303.6-614.6=689
689/0.2=3445

14%で射撃終了した場合の実際に発射した弾数は3445発でした。
射撃を終了した時点でもノーマルのMAXサイクルよりも高いのは
驚きました。これは良い事でもあるのですが、サイクルが大幅に
落ちた時は、残が0に近くなっている可能性があります。それは
リポに限らずバッテリーにとって非常によろしくない事なので、
サイクルが落ちてきたら交換というのを、通常の電動ガンよりも
シビアに実行した方が良いと思います。今回のリポで言うと
秒間18発を切った辺りかな?
低燃費ならではの良い所悪い所ですね。

最大サイクルは20.59発/秒でした。
ハイスピードギアを組んだD-BOYS HK416と一緒のサイクルw


何時もの様に表にしてみました。(画像をクリックで拡大です。)

結果発表




★★総評★★
性能だけみるのであれば、リポを使ってしまうとニッケルには
戻れない!!!個人的にはそう感じました。特にセミオートをメインで
電動ハンドガンを使用している場合は尚更でしょう。
フルサイズ電動ガンでリポと張り合ったニッケルも電動ハンドガンでは
ちょっと分が悪かった感じです。
もう少し・・・せめてもう少しサイクルが出るとか、リポが
後半一気にサイクルダウンするといった事があれば、ニッケルは
サイクルの落ち幅の少なさ等もあってまた違った戦いが出来たかなと
思います。残念。
ただ、リポと比べると遅いといってもニッケルも15発/秒のサイクルが
出ているので、フルオートをメインで使用するのであれば、全く
問題無く戦えます。


優秀な性能を示してくれた、リポバッテリーですが、
ご存じの通りのバッテリーなので、お気軽にホイホイと交換出来る
バッテリーで無いのもこれまた事実。
ただやっぱり、バッテリーの交換のみで飛躍的にセミオートレスポンスと
サイクルが向上するのは大きな魅力。メインでもサブでも使用するのであれば
私は是非とも交換をオススメします。
電動ハンドガンを使う上で気になるポイントのベスト3に
セミオートレスポンスの悪さを上げる人は私含めきっと多いはず。
その不満がリポを使う事でほぼ解消されるので、やっぱりリポ化は
オススメです(2回目w)。
リポ+フルオートメインで運用される場合は、100連マガジンをお忘れ無く
たった30発のノーマルマガジンだと3秒持たず弾切れします。


リポ化の加工はこちらでも行っておりますし、半田ゴテを使えるのであれば
比較的簡単にリポ化も出来るので、充電器やセーフティバッグの準備が
整っている方は、是非ご一考をよろしくお願いします!!!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
特殊部隊も愛用するグローブ
shotgun道
サバゲ人(仮)公式サイト

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▲ページトップへ戻る▲


blogram投票ボタン

[ 2012/11/27 23:06 ] バッテリー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■ブログ内検索フォーム■
●特集記事一覧●
■■レビュー記事■■

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー命中精度編

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー後半

●東京マルイ L96 AWSのプチレビュー前半

  ●MAGPUL MS3(MULTI MISSION SLING 3)のプチレビュー

  ●PTS MAGPUL MASADA AKMのプチレビュー

  ●■VFC HK417D 12インチ AEGのプチレビュー

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●M4 3-MAG レンジャーシングルのプチレビュー

●東京マルイ M9A1 ガスブローバックのプチレビュー

●TMC社製 USMC style M Pouchのプチレビュー

●A&K Mk46 リトラクタブルストックのプチレビュ

●GP863A 7.4v1200mAh(20C)リポバッテリーのプチレビュー

●G&P GP895 5ポジションストックパイプ(VLTORタイプ)のプチレビュー

●G&G ARMAMENT GR14 H.B.A.-Longのプチレビュー

●東京マルイ サムライエッジ バリーモデルのプチレビュー

●東京マルイ ガスハンドガン PX4のプチレビュー

●東京マルイ GLOCK18C GBBのプチレビュー

●東京マルイ 電動ハンドガンGlock18Cのプチレビュー

●東京マルイ SIG P226 RAILプチレビュー

●東京マルイ ハイキャパ5.1プチレビュー

●ハイキャパ5.1 ステンレスモデルのプチレビュー

●東京マルイ グロック26のプチレビュー

●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.2
●東京マルイ グロック17カスタム レビューNo.1

●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート2*
●東京マルイ DESERT EAGLE.50AEのプチレビュー*パート1*

●東京マルイ M92Fミリタリー プチレビュー

●!!AKS74UのプチレビューNo.3!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.2!!
●!!AKS74UのプチレビューNo.1!!

●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.2
●次世代電動ガン M4 SOCOMのレビュー!!+α レポートNo.1

●KAC Style HAND STOP & QD Sling Swivelのプチレビュー

●AC100V ミニデルタピーク エキスパートチャージャーのプチレビュー

●MAGPUL マグプル 5.56mmのプチレビュー

●MAGPUL PTS MS2スリング (マルチミッションスリング)のプチレビュー

●TangoDownタイプ QDバトルグリップのプチレビュー

●VFC AN/PEQ-15タイプ バッテリーケースのプチレビュー

●VFC製 MP5A2 GBBのプチレビュー

●SUREFIRE Model HL1-A TNのプチレビュー

●EoTech552レプリカのプチレビュー

●M4 2000 QDサイレンサー&SCARタイプハイダーのプチレビュー

●KSC・MP7A1のプチレビュー!!

●G&G社製 PM5A4(MP5A4)メタルフレームVerのプチレビュー!!

●スピーカーをレビューしてみる

■■次世代M4記事■■

●次世代M4の再改造作戦・其の3「組み上げてみる」

●次世代M4の再改造作戦・其の2「アッパーフレームを少しリアル化」

●次世代M4のメカボックスをロアフレームから分離させてみる

●次世代M4の再改造作戦・其の1「ロアフレームを少しリアル化」

●第二次次世代M4改造計画

●SOPMODにリポバッテリーを使えるようにしてみる

●【PTS-MAGPUL】 P-MAG Mバージョン 次世代M4用のプチレビュー&調整

●次世代M4用マガジンを修理してみる

●P-MAGカバーにレンジャープレートを付けてみる

●FET加工について考えてみる

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~組立編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~チェック編~

●次世代M4メカボックスをメンテナンスしてみる~分解編~

●リアルカートステッカー貼付け説明書

●G&P製スタンダードM4用アウターバレルをSOPMODに組んでみる

●SOPMODにハードインナーブロックを組み込んでみる

●P-MAGカバー用、弾丸ステッカー完成!!

●P-MAG用弾丸ステッカーを自作する(前編)

●次世代M4用マガジン専用P-MAGケースを組んでみる

●次世代M4用マガジン専用P-●AGケース

●SOPMODストックのガタを取ってみる

●SOPMOD のハイダーをスチール製に交換してみた

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる②

●SOPMODにMAGPUL PTS MOEグリップを組んでみる①

●AIRSOFTCOMMON製 次世代M4シリーズ用スチールバッファーリングを組んでみる

●SOPMODにKAC 実物RASを組んでみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●次世代M4用アンビマガジンキャッチのカスタム

●SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工

●次世代M4シリーズ用アンビマガジンキャッチ完成!!

●次世代M4へ実際に組んでみた

●SOPMODのダストカバーを交換してみる

●次世代 M4 C-Systemの紹介!!!!

●SOPMODのフロントをカスタマイズしてみる

●SOPMODの通電効率を良くしてみる

●次世代M4にアンチローテーションリンクを組み込んでみる

●SOPMODのフレームロックピンを交換してみる

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる~次世代M4編~

●M16シリーズ(次世代M4含む)のグリップの交換方法

●M16シリーズ(次世代M4含む)のトリガーガード交換方法

●次世代M4シリーズ~バッファーリングの調整方法~

●次世代電動ガン SOPMOD M4のRASを調整してみる

●SOPMOD M4の通電効率アップ計画概要

■■スタンダードM4記事■■

●■■MADBULL■ Noveske 12.5" Crusader 5.56 Barrelを組んでみる■

●MADBULL NSRレイルにハンドストップを付けてデコってみる

●MADBULL NSR レイルを組込んでみる

●M4 CRWにG&Pのメタルフレームを組込む

●MADBULL OMEGA X レイルを組込んでみる

●MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを組んでみる

●NOVESKEハンドガードを組んでみる

■■D-BOYS製品記事■■

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~3/?~

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~2/?~

  ●D-BOYS製 HK416をハイサイクル化してみる~1/?~

●D-BOYS製 HK416にERGOグリップを組んでみる

●D-BOYS製 HK416調整後の性能チェック

●D-BOYS製 HK416にP-MAGを使えるようにしてみる

●D-BOYS製 HK416のアッパーフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のロアフレームを組んでみる

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~シムセッティング~

●D-BOYS製 HK416のメカボックスを調整する~準備編~

●D-BOYS製 HK416を分解してみる

●D-BOYS製 HK416カスタム計画

●D-BOYS HK416 電動ガンのプチレビュー

■■パーツ組込み記事■■

●AIMPOINT COMPカバーレプリカの装着方法

●MAGPUL社のマガジンプレートをつけてみました

●マグプルのMAGPUL RANGERを装着してみる

●MAGPUL社製CTRストックの取り付け方

■■ベネリM3記事■■

●ベネリM3、もちろん忘れてませんよ( ´ ▽ ` )

●ベネリM3用のストックアダプターを自作してみた( ´ ▽ ` )

●ベネリM3のフロントを分解してみる

●ベネリM3の拡張性をちょっとだけ上げてみる

●ベネリM3の固定ストックをショート化してみる

●東京マルイ ベネリM3を語ってみる

■■調整や加工記事■■

●BBボトルを少しいじる

●MAGPUL PTSのCTRストックを修理してみる

●X3200にACアダプターを使用できる様にしてみる

●E-MAGにステッピング加工をしてみた

●ERGOグリップをステッピング加工してみた

●G&P製メタルフレームのガタ取り方法

■■ガスガン記事■■

●東京マルイ グロック17にパーツを組んでみる-①-

●SOCOMピストル用マガジンをメンテナンス&修理してみる

●SOCOMピストルカスタムの途中経過

●東京マルイ SOCOMピストル カスタム計画

●マルイ・グロック17GBBにMAGPUL PTSのレンジャープレートを組んでみる

■■L96/VSR記事■■

●L96を塗装してみる inミリブロ

●L96のストック改造~Part1/4~

●L96のストック改造~Part2/4~

●L96のストック改造~Part3/4~

●L96のストック改造~Part4/4~

●VSR-10 PSのトリガー周りを自分好みにしてみる

●第1回 VSR-10 PSテスト結果

●VSR-10にスコープを装着してみる

●VSR-10 プロスナイパーのパーツ入手

●VSR-10 プロスナイパーVer入手!!!

■■バッテリー記事■■

●ニッケル水素 マイクロ500バッテリー VS LIPO 7.4V560mA 15-20C

●某メーカーの赤い線が入った7.4V1400mAリポバッテリーの性能をチェックしてみる

●●OPTION No.1●Big Power LIPO 7.4V1100mA 25-30Cの性能をチェックしてみる

●GP850A 11.1v 1200mAh (20C) リポバッテリーの性能チェック!!

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●リポバッテリーについて考えてみる

●リフェバッテリーについてもう少し掘り下げてみる

●リフェバッテリーを実際に組み込んでみる(実射テスト有)

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた②

●リフェバッテリーの性能とやらを確かめてみた①(動画有)

●リフェバッテリーについて少し調べてみた

●SOPMOD用カスタムバッテリーの比較実験

■■その他記事■■

●新型ギリーポンチョ(仮)の撮影に行ってきました

■■その他記事■■

●臭い対策にも便利な滅菌アイテム

●先日行われた夜戦の結果報告&無線機についてちょっと考えてみた

●狙撃ゲームの紹介

■■比較実験記事■■

●SUREFIRE 『P2X Fury』 VS 『G2X TACTICAL』

●8.4V1300mAニッケルと7.4V1200mA20Cリポの性能比較実験

●東京マルイ製0.2gBB新旧を撃ち比べてみる

●TangoDownタイプのグリップを比較してみる

■■分解組立記事■■

●東京マルイ SOCOMピストルを組み立ててみる~フレーム編~

●東京マルイ SOCOMピストルを分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ M4 CRWを分解してみる

●東京マルイ SIG P226RAILを組み立ててみる

●東京マルイ SIG P226RAILを分解してみる

●次世代電動ガン SOPMOD M4を組立てみる
●次世代電動ガン SOPMOD M4を分解してみる
●東京マルイ グロック17を分解してみる~スライド編~
●東京マルイ グロック17を分解してみる~フレーム編~

●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~フレーム編~
●東京マルイ グロック17を組み立ててみる~スライド編~

●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~フレーム編~
●東京マルイ デザートウォーリアを分解してみる~スライド編~

■■電動ハンドガン■■

●東京マルイ電動グロック18C 2WAYバッテリー化

■■カスタム紹介記事■■

●Noveske10 インチRASカスタムのプチレビュー

■■装備品記事■■

●このパッチ・・・・良いじゃないか!!

●ペンコットグリーンゾーン迷彩服の効果実験

●真面目にサバゲ用装備を考えてみた!!

●サバイバルゲームにおけるダンプポーチの有効性を考えてみる

■■その他記事■■

●M4 CRWのカスタム計画

●スリングについて考えてみる

●短く軽いM4を考える③

●短く軽いM4を考える②

●短く軽いM4を考える①

●SUREFIRE純正リチウム電池はここがスゴイ!!

●ダットサイトは何が良いの?

●お好みのM4は?

●東京マルイ IRCヘリコプター SWIFTを操縦してみた。

●エアガンをこっそりと受け取る方法

■今現在、取り扱いのある東京マルイ純正パーツ一覧■

■yahooメールの迷惑メール回避方法

■Gmailの迷惑メール解除方法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。